冬は飛ばないから番手を上げる

冬ゴルフは飛距離が出ないですね。ですから、グリーンを狙ったショットなどは番手を上げたりすることがあります。気温が低くなると、空気の密度が高くなり、空気が重くなります。それが、抵抗となり飛距離が落ちてしまいます。

冬ゴルフで飛ばないと感じた時の事をまとめてみました。

スポンサー広告

 

冬は飛ばないから振りたくなる

冬ゴルフで感じることは、飛ばない ということです。ティーショットでは夏との距離差が顕著に現れると思います。夏も冬も飛距離差は感じないという人も居ますが、私は5ヤードから10ヤードくらいの飛距離差があると感じています。冬の方が、5ヤードから10ヤードくらい飛んでいないということです。

冬ゴルフでのドライバーは飛びません。

アイアンも夏に比べると飛距離が落ちています。

グリーンを狙うアイアンショットであれば、飛距離が落ちていることを考慮して、番手を上げることができます。ですが、ドライバーは番手をあげることはできません。1番ウッドより上のクラブがありません。ということは、飛ばないと感じているままで、ドライバーショットをしているということになりますね。

そうなると、もっと振ろうと思ってしまいます。これが、良くないのだろうと思うのですが、ついつい振ろうとしてしまいます。自分の身体能力以上に振ろうとしてしまって、スイング軸がズレてしまうし、腕は走ってしまいますし、良いことなんてひとつもありません。

私の場合は、冬ゴルフで自分のスイングを見失う傾向があります。飛ばないから、飛ばそうとしてしまって、スイングを崩してしまっているのだろうと思います。

スポンサー広告

 

飛ばないなら、飛ばないままで良い

冬ゴルフは飛ばない・・・ならば、飛ばないままで良いだろうという考えも大切ですね。別に飛距離を諦めるわけではありませんが、ゴルフ場で飛ばないと感じて、直ぐに飛ばそうと修正することなんてできませんから。飛ばないのであれば、飛ばないなりにゴルフを組み立てるしかありません。セカンドショットなどの芝生の上から打つ場合には、番手をあげることができますが、番手を上げて飛距離を出しても、左右へのバラつきが多くなってしまうことがあります。

夏は7番アイアンで届いたのに、冬は5番アイアンでやっと届くという場合には、7番アイアンと5番アイアンの飛距離差だけではなく、左右のバラつきというものが発生してきます。7番アイアンより、5番アイアンの方が精度が落ちますから、グリーンをこぼしてしまう確率も高くなります。こういったことが何度が続くとスコアに影響を及ぼしてくるように感じます。

 

飛ばなくていつも通りにグリーンまで運べなかったら

冬ゴルフで飛ばなくなってしまって、いつも通りの打数でグリーンまでボールを運べなかったときに必要となるのが、アプローチです。しっかりと寄せられれば良いのですが、これまた冬ゴルフの宿命である、枯れ芝からのアプローチが難しいです。ボールを上げなければならないシチュエーションじゃなければ、転がしが基本ですね。

 

冬になると寒くて、冷えて、身体が固くなってしまってスムーズなスイングができなくなってきますが、頭は柔らかくして、冬ゴルフに臨みたいです。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください