何をすればスコアは良くなるのか?

何をすればスコアは良くなるのだろうかということを考えると様々な要素があることと、自分が考えていることは間違っているのではないだろうと思うことがあります。スコアを良くするための考えが間違っているのであれば、練習の仕方も間違っている可能性がありますから。

スポンサー広告

何をすればスコアは良くなるのか? 自分勝手に色々と考えてみたことを、まとめてみました。

結局はパターなのか・・・

パターはスコアをつくるには重要です。レギュレーション通りにボールをグリーンに乗せることができても、パターが入らなければスコアをつくることが出来ません。ただ、パターが入らないと感じたときに、何が原因なのかを知ることで気持ちを落ち着かせることが出来ます。レギュレーション通りにボールをグリーンに乗せることが出来たけど、そもそもカップまで遠くて2パットでは無理かもしれないという距離だったかもしれません。ならば、2パットでカップインさせることができる距離はどれくらいなのか? そして、2パットでカップインさせられるとろこにボールを運ぶことができるのだろうか、ということが課題になってきます。

パターは意外とロングパットはストレス無くストロークすることが出来たりします。それは、もともとカップインできないだろうから、あと1パットでカップインすることができる範囲に寄せておこうという気持ちでストロークをしているからだと思います。

逆にカップまで1メートル、または1メートル弱という距離のパットは緊張します。カップインさせなければいけないというプレッシャーがあるからだろうと思います。故に強くも無く、弱くも無い、微妙なタッチでストロークが難しいと感じてしまいます。

鍵となるのは1メートル前後のパッティングだろうと考えています。1メートル前後のパッティングを確実にカップインさせることができれば、ほとんど2パットでしのげるのではないだろかと考えています。

アプローチ

アプローチというのは、様々なライや状況からでもボールに対して、適切なコンタクトができる技量が求められると思います。ボールにコンタクトするだけではなくて、ボールをグリーンで止める、ボールを上げる、ボールを低く出すなどのバリエーションが要求されるように感じます。別にわざわざ難しいアプローチをする必要は無いのですが、結果的に難しいことをしなければいけない状況に陥ってしまうこともあります。

アプローチは転がすのが簡単、転がすのが最善だと言いますが、現実的にはバンカーというハザード越えをしてグリーンにボールを乗せなければいけないこともあります。または、グリーン砲台となっており自ずとボールを上げなければならないことも多々あります。つまり、アプローチでボールを低く出して転がしてばかりでは、スコアをつくれないということになります。アプローチで転がして寄せることができるというのは、グリーン手前の花道くらいからだけかもしれません。

鍵となるのは、ボールが置かれたライの状況の確認。ラフであればボールが浮いているのか、沈んでいるのか、芝生は枯れているのかどうか・・・などなど。つまるところ、グリーン外しのパー狙いというところが重要になってくると思います。アプローチで寄せるだけではなく、アプローチで寄せた後のパターとのコンビネーションが肝要であると感じています。

ただ、アプローチというとウェッジというクラブを使うというイメージが強いです。必ずしもウェッジを使わなければいけない訳ではありませんから、もっと柔軟な考えを持たなければいけないと感じています。併せてグリーンまでの距離(カップまでの距離)が、どれほど残るのかによってもアプローチの仕方が変わってきます。私の場合は、距離の長いミドルホールの場合は、50ヤードから60ヤードくらい残ることが多いです。50ヤードから60ヤードなのですが、どのような状況なのか・・・グリーンが砲台でボールを上げなければいけないのか、ハザード越えとなるのか、花道からなのか・・・状況によってアプローチで使用するクラブを選択する柔軟性が必要だと感じています。

アプローチで重要なのは、必ずしもウェッジを使うという考えではなく、パターだろうと、8番アイアンだろうと、フェアウェイウッドを使ったとしても、出来る限り寄せ切ることが最大の目標であるということ。それを、勘違いしてはいけないということなんだと思います。

スポンサー広告

セカンドショット、サードショット

セカンドショット、サードショットで多用するのがアイアンですね。アイアンが思い通りに打てなければ、思い通りの所にボールを運ぶことができません。ですから、スコアメイクの鍵となるのはアイアンショットだという人も居ます。アイアンでグリーンを狙う時に、距離はどれくらいか、グリーンのどこを狙うのか、ライは、風は・・・色々と考える事があります。そして、考えているうちにナイスショットのタイミングがズレてしまうのかもしれません。

ロングホールのセカンドショットでウッドを使うのか、どうかという判断は難しいですね。ライが良ければウッドで距離を縮めておきたいと思いますし、使えばミスショットが怖かったりもします。距離は出ないもののアイアンで確実にボールを運んでおくという英断ができるようになることも重要であると感じています。

PAR4 ミドルホールでは、出来る限りグリーンを狙っていこうとは思っているのですが、グリーンを狙っても外してしまう・・・思わぬところにボールが行ってしまう・・・難しいアプローチが残ってしまうかも、という苦い経験を思い出してしまい、結局はグリーン手前狙いとしてしまうことが多いです。

もっと、アイアンの精度を高めていきたいですね。そして、もっとボールをクリーンに打って、グリーン上でボールを止められるようなアイアンショットが欲しいです。

ティーショット

ドライバーショットではなくて、ティーショットです。ティーショットではフェアウェイキープができるようなショットが望ましいと思います。といっても、コースによってはフェアウェイキープをするよりもラフに外してしまった方が次のショットが打ちやすい場合もあったりしますので、フェアウェイキープが絶対だとは思いません。

ティーショットは、ゴルフ場のなかで最もライが平らに近いティーグラウンドから打つことが出来ますので、実は打ちやすいという考え方もあります。そして、ホールの第1打ですから、出来る限り飛ばしたいという気持ちもあります。

ただ、ティーショットでドライバーを使うとか、使わないというのは、あまりスコアには影響しないように感じます。そういったところじゃないんでしょうね。


ゴルフというスポーツは第1打からカップインさせるまでの、ショットのつなぎが大切だと思います。ナイスパットするには、ナイスパットしやすいグリーン面にボールを乗せることが必要です。その前に、ナイスアプローチができるようなところにボールを運んでおくことが必要です。

日々、精進
がんばります

スポンサー広告
 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください