CONTENTS MENU
 

体 は スコア を 保証してくれない

中部銀次郎さんの書籍には 体はスコアを保障してくれない という節があります。

文節で書かれていることとしては・・・

体はスコアを保証してくれない
体調万全を期すよりも自分の中に制約を作らないことのほうが大事

・・・というような事が書かれています。

その文節では、お酒を飲みすぎて翌日のゴルフに影響を及ぶことのないようにしなければいけないとか、体調に関する事が書かれています。そして、体調が良いとついつい欲が出るということが書かれています。

スポンサーリンク
 

体調が良くて欲が出るというのは、今日は体調が良いし、スイングの切れも良いから優勝を狙っちゃうぞ というような気持ちのことです。中部銀次郎さん本人も今日は勝つぞと思って挑んだ試合で勝てたことがないと書いています。体調が良いということから、欲が出ることを懸念しているような文章となっていました。結局は心の話になってしまいます。

私は、体はスコアを保証してくれない というのは実は少し違うのでは?と思っています。思いっきり中部銀次郎信者なのですが、体はスコアを保証してくれない という節だけは、何かが違うなと感じています。違うのかもしれないと思っているだけで批判をする気は全くありません。

そもそも現代との時代的なギャップもあります。

ゴルフはスポーツですから、身体を動かしますし、身体を使います。だからこそ、身体を鍛えることやトレーニングが必要になるはずです。

現代では様々なトレーニングジムや施設が増えてきて、時間に制約のあるサラリーマンでも自由度の高いトレーニングが出来るような時代になってきました。併せて、トレーニング方法なども科学されて、自宅で取り入れることが出来るトレーニング方法も増えて来ています。

ゴルフというスポーツに取り組むために身体を鍛えて、常に体調を整えておくことはとても良いことだと思います。私も1週間のうちに何度か練習場へ行き、ボールを打ちますし、走ったり、ちょっとした筋力アップのトレーニング、ストレッチなどもしています。ですが、仕事の関係でお酒を飲む機会が増えて、練習やトレーニングの回数が減ったりすると、ちょっとスイングをしただけで身体がすぐに疲れてしまうということもあります。常にゴルフに適した身体を維持するということは大切だし、少しでも怠けてしまえば、衰えも早いのだと実感しています。

トレーニングなんて何もしないけど野球をしているという人も多いかもしれませんね。私の周りでも野球好きが多いので、野球をすることで走ったり、スイングをしたりするので、それがトレーニングになっているという人も居るはずです。

中部銀次郎さんは書籍のなかで、身長170センチ、体重55キロであると書いています。パワフルなスイングが出来る体格ではないと思います。ドライバーの飛距離が出なかったというのも頷けます。

ですが、アイアンショットは精確で針の目を通すとも言われていました。何もせずに針の目を通すと言われるようなアイアンショットが打てるわけがありませんから。それなりのトレーニング、練習をしていたのだろうと思います。中部銀次郎さんは練習あるのみということで、練習量はすごかったそうですから、ゴルフの練習 という 言葉の中に様々なトレーニングなども包括されてしまっていたのかもしれません。

身体的には他の選手に劣るということも自覚をしていたようですし、だからこそアイアンショットの精確さを追求するために練習に励んでいたようです。

中部銀次郎さんは、ゴルフの練習量はとても多かったのですが、身体を鍛えたとかトレーニングをしたというようなことは書籍には書かれていないことから、あまり肉体的なトレーニングはしていなかったのかもしれませんね。ですが、練習量が多かったので、自然とゴルフをするための身体的な能力も身に付けていたのかもしれません。

体 は スコア を 保証してくれない・・・それは、どれだけ強靭な肉体を持っていても、どれほど鍛えて、トレーニングをしても、結局は心を鍛えなければ、良いスコアには結びつかないということを言っているのかな・・・と勝手に思い込んでいます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア