CONTENTS MENU
 

中部銀次郎の出で立ち

好きな人にはたまりませんね。中部銀次郎さんの写真がたくさん掲載された書籍を購入しました。少し古い書籍なのですが、たまたま中古で販売されており、迷わず購入をしてしまいました。書斎のゴルフの特別編集で、中部銀次郎「悟りのゴルフ」です。7年くらい前の書籍になります。

スポンサーリンク
 

古い書籍です。古いのですが、中部銀次郎さんの写真をカラーで見たかったのと、ゴルフというスポーツでスコアメイクをするために大切な要素というのは、古今変わらないものだと思っていますので、古い書籍の方が新しいヒントを見つけることが出来たりもしますから。ゴルフクラブとゴルフボールの進化と変化があり、ゴルスイングもそれに併せて変化してきたのは事実ですが、最も大切なのはそういったところじゃないんだろうなと思います。

書籍の中に書かれている事は、今までの中部銀次郎さんの書籍などにも書かれている事が多いです。ですが、中部銀次郎さんの写真がたくさん掲載されており、見応えがあります。

青木功さんに振り抜くまで右足を強くしておく・・・とアドバイスをしていた通り、写真では右足の粘り強さを見ることが出来ます。右足が捲れることなく踏み続けている状態となっていますので、自然とクラブが走ってくれるし、ボールも高く上がるのでしょうね。この右足の粘り強さは真似したいですね。

中部銀次郎さんのショット

中部銀次郎さんのショット

書籍の中には中部銀次郎さんのスイングの連続写真が掲載されています。きっと、「わかったと思うな」に白黒で掲載されていた写真と同じだろうと思われます。カラーで見ると、確かにループスイングっぽいなというのが判ります。

そして、体が弱かった、虚弱だったと書籍に書かれていましたが、たしかに華奢な体つきをされています。腕も細いです。アスリートとは思えませんね。でも、日本国内のトップ・プロたちを押し退けて、優勝をしています。そして、「プロより強いアマチュア」 とも呼ばれていました。パワーじゃない、力任せじゃないゴルフをしていたのだろうということを察します。

写真を見ることで、書籍の文章からは感じ取れない何かがあれば良いなと思っています。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア