CONTENTS MENU
 

中部銀次郎さん の 練習 と 技術を逃がさないために

中部銀次郎さんは練習場ではミスショットの練習をしていたと言います。わざと硬い板の上で打ってみたり、どんな打ち方をするとミスショットをするかなどの研究もしていたようです。

スポンサーリンク
 

練習場でナイスショットを打てるようになってもスコアにつながらないとも言っています。ただ、スイングをつくるための練習であれば、ボールを少しだけティーアップして打つのは良いことだとも言っています。自然と適切な姿勢が身に付き、自然と適切なバランス、スイングが身に付き、技術の土台をつくることができるとのこと。

練習場ではミスショットの練習をする。それは、ミスをするための練習ではなく、ゴルフ場のラウンドで思わぬライにボールが置かれていることを想定しての練習だと思います。ゴルフ場でナイスショットだったと思ってボールが置かれた場所を見に行ったら、ディポットにハマっていたり、フェアウェイの芝生が枯れていて土が見ているようなライだったりすることもあります。

ミスショットの練習をすることで一定の傾向を見つけるとも書籍の中で書いています。硬いライ、芝生が無いライでは、どのようなミスショットが出るのかという自分のありの傾向を掴んでいたのだろうと思います。それは、自分で気付いて、自分で修正をするためのデータベースみたいなものを自分の中につくっていたのだろうと思います。自分で気付いて、自分で修正をすることで、修得することができるとも書籍に書かれています。

自分で気付いて、自分で修正をするというのは、とても大きな意味があると思います。基本的に誰かに何かを言われても、聞く耳を持たない場合だってあります。誰かに何かを言われたとしても、自分の努力が欠けているので、身に付かないことだってあります。それは、自分が気付いていなからこそ身に付かないなんだと思います。

また、別の切り口でゴルフ技術と練習のことを書いています。それは、技術はサボると逃げていきますから・・・と書いています。そして、中部銀次郎さんは自宅でも短い距離のアプローチの練習、パターの練習、壁に頭を付けてスイングの練習をなどをしていたようです。技術が衰えるのではなくて技術が逃げていくという言葉を使うところが良いですね。衰えるものではないということなんでしょうね。つまり、何歳になろうとも地道な努力、練習をすることで、今持ちえているゴルフ技術を逃がさないでおくことが出来るという発想なんでしょうね。

技術はサボると逃げていくというのは仕事などにも通じる言葉だと思います。

ある程度、仕事に慣れてくると勉強をしなくなる、新しい技術の研究を怠る、新しいアイデアを生み出す努力も怠るようになってしまう。いつしか、今の自分の技術で良いのだろうと思ってしまうということもあります。それは、単なる慢心なのかもしれません。デキル人は陰ながら努力をしている人が多いですし、自分なりのアイデアを持って、新しい仕事への取り組みのことを考えていたりもします。新しいアイデア、発想、工夫などは最近の言葉ではイノベーションという言葉で置き換えられることもありますね。

ゴルフも同じようなことが言えます。
技術はサボると逃げていく。

サボることなく練習あるのみですね。

練習場で打てていたからこれで良いとか、ゴルフ場でナイスショットが打てたから、このままで大丈夫だという安心感が慢心に変わってしまい、ついつい練習場に向かう回数が少なくなってしまったり、練習することが少なくなってきてしまうと、技術は逃げてしまう・・・。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア