ローリー・マキロイ優勝 【 ウェルズファーゴ選手権 】

ウェルズファーゴ選手権
開催期間 : 2015年5月14日~5月17日
賞金総額 : $7,100,000
優勝賞金 : $1,278,000
FedExCup Points : 500
開催ゴルフ場 : クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)
関連URL : http://www.wellsfargochampionship.com/Home.aspx

ウェルズファーゴ選手権ですが、ローリー・マキロイが優勝をしました。
さすが世界ランキング1位と言うべきかも知れません。

しかも3日目は11バーディー、ノーボギーで61というスコアを叩き出しました。ローリー・マキロイ自身にとっても最小スコアのコースレコードとなったようです。これは、自分で自分を越えた、自分で自分に勝ったというような表現でローリー・マキロイは話していました。

メンタル面も整えて、ゾーンに入っていたとローリー・マキロイ自身がコメントいていました。強烈な集中力でのゴルフをしていたようです。ゴルフではゾーンに入ったという言葉を使いますが、いまいち私にはゾーンが何なのかが理解できていません。ゴルフのメンタルトレーニング―心の強化書【 デビッド グラハム 】 という書籍にはゾーンのことが少し書かれていますが・・・私には、まだまだ難しかったです。

やはりゴルフというスポーツは、メンタル面が大切だということですね。

ウェルズファーゴ選手権の舞台となるゴルフ場、クエイル・ホロー・クラブは16番、17番、18番ホールは難しいホールが連続するということから、グリーンマイルと呼ばれています。グリーンマイル・・・それは死刑台に向かう通路のような・・・とテレビでも解説されていました。何ともいえない表現ですが・・・難しいホールと言われる16番、17番、18番に向かうゴルファーの気持ちがグリーンマイルを歩く気持ちと同じ様になるからかもしれませんね。

 

他の選手のスコア

順位 選手名 通算 合計
1 R.マキロイ -21 267
T2 W.シンプソン -14 274
T2 P.ロジャース -14 274
T4 R.ストレブ -12 276
T4 P.ミケルソン -12 276
T4 G.ウッドランド -12 276
T7 J.トーマス -11 277
T7 G.オギルビー -11 277
T9 B.スティール -10 278
T9 J.ボーン -10 278

 

石川遼 と 松山英樹の成績

石川遼選手 : 予選落ち
松山英樹選手 : 20位タイ / スコア : -6

なかなか思い通りにいきませんね~
松山英樹選手の場合は、次はメモリアルトーナメントがあります。去年、自身が優勝をした大会です。それまでには、しっかりと調子を整えて挑んで欲しいですね。