ライ角を考える・・・アップライト or フラット

アイアンの練習をしていると、またもやライ角の事が気になってしまいました。併せて、新しいドライバーが欲しいなと思って、ショップへ行ったところ、スタッフの人がフラットなドライバーよりもアップライトなドライバーの方が捉まりが良いと言っておりました。さてさて・・・フラットが良いのか、アップライトが良いのか、実際のところどちらが良いのか色々と考えていました。

スポンサー広告

 

考えれば、考えるほどに、ライ角という言葉を使うと、誤解を招く恐れがあります。というのも、アップライトだとかフラットだとか感じる場合は、そのゴルファーのスイングプレーンを見て判断していることが多々あるからです。

アップライトなスイングであれば、ライ角はアップライトなのか・・・フラットなスイングであれば、フラットなライ角なのだろうか・・・アップライトか、フラットか、ということをゴルフクラブのライ角で考えてみると以下の様になります。

 

ライ角がアップライト
トゥ側が浮く
ボールが左へ飛ぶ
スイング軌道はフラット

ライ角がフラット
ヒール側が浮く
ボールは右へ飛ぶ
スイング軌道はアップライト

ライ角が適正
トゥとヒールが平行
ボールは真っ直ぐ飛ぶ
スイング軌道は適正

 

上述したことを考えると、アイアンをフラットに振ろうとすると、自然とトゥ側が浮きますから、ライ角はアップライトになっているということになります。アップライトで振ろうとすると、ヒール側が浮きますから、ライ角はフラットになっているということになります。アップライトなのか、フラットなのかというのはクラブのライ角とスイングのプレーン(アップライト or フラット)と密接な関係にあるということになります。

上述したことはライ角のことになります。ライ角ではなくて、スイングの軌道がアップライト、フラットな場合はどのようになるのかということも気になってきます。

 

スポンサー広告

 

アップライトなスイング・プレーン

垂直に近い感じでクラブを上げてくる。シャフトを立てた感じになります。垂直に近い状態にクラブが上がるが故にクラブが外から入りやすくなります。つまり、アウトサイドインの軌道となりやすい。ですから、スライスしやすくなります。

アップライトなスイング・プレーン
クラブのライ角がフラットになる
クラブのヒール側が浮く

 

フラットなスイング・プレーン

ボールに対して斜めの軌道を描くようにクラブがあがっていきます。ボールを横から払い打つようなイメージです。一般的にはシャローな入射角と言われることもあります。フェース面でしっかりとボールを捉えていくことが出来ます。

フラットなスイング・プレーン
クラブのライ角がアップライトになる
クラブのトゥ側が浮く

 


 

ライ角を考える場合は、ゴルフクラブのライ角と自分のスイングのプレーン(アップライト or フラット)を併せて考える事で最適なライ角が見つかるはずです。というよりも、ゴルフクラブのライ角に合わせたスイングをすることが最適なのだろうと思います。ということを考えていくと、アイアンもドライバーも同じスイングで・・・という言葉がありますが、厳密にはアイアンとドライバーでは異なるスイングをした方が良いということになりますね。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください