ヘンリク・ステンソン シャフトが曲がってる

PGATOUR の YouTubeを見ていたら興味深い動画を発見しました。ヘンリク・ステンソンがシャフトが湾曲したクラブを使って練習をしているという動画です。少し昔の動画です。

Henrik Stenson uses bowed club to warm up at Cadillac Championship

何かのアクシデントでシャフトが曲がってしまったのだろうか?と思ったのですが、湾曲したシャフトを使った練習みたいですね。

シャフトが湾曲しているトレーニング器具もありましたね。石川遼も使っていたということで話題になったりもしました。DST Compressor warm up club ( DST コンプレッサー ウォームアップ クラブ )というネーミングでしたね。

ヘンリク・ステンソンが使っているのがDST Compressor warm up club ( DST コンプレッサー ウォームアップ クラブ )ではないでしょうね。シャフトに貼り付けられているラベルからすると KBSのシャフトっぽいですね。トレーニング器具を持ち込んではいけないので、通常のゴルフクラブのシャフトを曲げてドライビングレンジで使っている? ということでしょうかね。憶測ですけど。

ただ、シャフトが曲がったクラブでの練習というのは、とても良い効果を発揮してくれるみたいですね。シャフトが曲がっているということは、グリップよりもヘッドが後ろになりますから、自然とハンドファーストの形となります。インパクトの瞬間に手元で調整をしたり、無駄な動作が入ったりすることを防げそうですね。

ヘンリク・ステンソンはアドレスをして、テイクバックを始める時にフォワードプレスがけっこう大きいことがあります。テイクバックをする方向とは逆に両手(グリップ)を押してからテイクバックを始めたりします。その矯正のためにシャフトが湾曲したクラブを使っていたのかもしれないですね。

HENRIK STENSON – GOLF SWING FOOTAGE 2014

ヘンリク・ステンソンも左利きで、右打ちのスタイルですから、左腕手動がよくできているんだろうなと思います。ですが、左利きだからこそちょっとして動作がスイングに影響するのかもしれないですね。

トップ・プロも色々と工夫を取り入れてトレーニングをしているんですね。

ちなみに、ヘンリク・ステンソンは2015年 ドイツバンク選手権で首位をキープして最終日に突入をしました。もしかしたら、このまま・・・優勝をするかも!?

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
ゴルフのためのトレーニングで基礎体力をつくる時期が来る... 10月、11月初旬は涼しくてゴルフをするには最適な気候ですね。ですが、朝夕は少しずつ寒くなってきています。寒くなるとゴルフをするというよりはトレーニングの時期、基礎体力アップを図る時期ですね。冬でもゴルフはしますけどね。...
衰えないゴルフスイングを身につける 【 ゴルフトレーニング 】... 年齢を重ねるごとになんとなくスイングにパワーが無くなってきたなとラウンドをするごとに思います。昔であればアイアンショットでダフったとしても、チカラ任せに振りぬく事も出来たのですが、最近はダフってしまうと、ダフったときの衝...
坐禅で体幹を感じる 【 ゴルフ トレーニング 】... ウォーキング(歩く)も苦手、ラン(走る)するのも苦手、腹筋はもっと嫌だという人には、坐禅をすることで体幹を強くするというか、体幹を感じることが出来ます。 まずは、体幹を強くする、鍛えるというよりも、体幹を感じる...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッ...
練習は嘘をつかない 練習は嘘をつかないですね。本当にそう思います。常に頭の中にイメージしている自分のショットを具現化できるように、練習場でボールを打ちながら、自分の身体に覚えさせるようにしていくのですが、何度も繰り返すことで、どのような状況...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ