ヘッドスピードを上げるトレーニング

ヘッドスピードを上げるトレーニング

先日、レッスンの先生とヘッドスピードを上げることに関して色々とお話をしてきました。
実際のところボクのヘッドスピードは40程度です。フルスイングをしてHS41程度です。
ですが、常にHS40が出せるわけではありません。

ゴルフラウンドをしているときは、HS37~HS39だろうという想定となります。
常にフルスイングをしているわけではありませんからね。

ボクの体型からHS40が出せること自体がけっこうスゴイという状況にあるみたいです。
体重も少ないですからね。55キロ無いですからね。

女子でも体重55キロ以上はあると思うので(女性の方すみません)・・・
そう考えると自分が既に非力なことが露呈となってしまうことが明らかです。
ヘッドスピードを上げてどうするか・・・やはり飛距離を稼ぎたいからです。
最近、競技やコンペに参加をすると普通に280ヤードとか飛ばす人が居ますからね。
平気で50ヤードくらい置いていかれます。

現在の飛距離はあまり無いかもしれないけど、フェアウェイのキープ率はとても高いですからね、セカンドショットも良いところから打てるという強みはありますけどね。でも、それは飛距離が出ないからそこそこ良いところにボールが落とせるというか、落ちるという感じなんですけどね。

現在、取り組んでいるトレーニングは腹筋と背筋です。腹筋と背筋でクラブを降ろしてくるというか操作するという考え方です。今現在の自分は、そこから始めるということとなりました。とりあえずレッスンに行くと重たいバットでの素振りをさせられていますから・・・レッスンというよりは部活みたいなノリになりつつありますけど・・・とにかく疲れます。

日本国内の女子プロを見ていると、小さな体格で起用にクラブを操作して、かなり飛ばしますからね。あのようなスイングができるようにしたいですね。

ゴルフクラブを最新タイプに変えても結局はゴルフクラブを使用する側、人のパワーの問題もあるのかと悩み凹み中な感じです。

がんばります!

SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
プロゴルファーのトレーニング【 ゴルフトレーニング 】... 昨今、スマートフォンを利用するユーザーが増えたからなのか、SNSを利用しているユーザーが増えたからなのか判りませんが、プロゴルファーがトレーニングをしているところなどの動画が YouTubeで見られるようになっており、と...
身体の捻転 肩を入れる誤解 ゴルフというスポーツは身体を捻転させます。その捻転具合を左の肩がアゴの下に入れるとか、右肩を引っ張るとか、色々な言葉で表現をします。私が以前に陥ったことのある誤解としては、左の肩をアゴに入れるです。 肩はアゴの...
ゴルフのためのストレッチ 【 身体がカタイ 】... 私は身体がカタイです。本当にカタイです。久しぶりに整体に行ったのですが先生もびっくりするほどのカタさです。自慢ではありませんが、前屈をして手が地面に届きません。本当にガチガチです。身体がカタイことを自慢しても何も良いこと...
ヘンリク・ステンソン シャフトが曲がってる... PGATOUR の YouTubeを見ていたら興味深い動画を発見しました。ヘンリク・ステンソンがシャフトが湾曲したクラブを使って練習をしているという動画です。少し昔の動画です。 Henrik Stenson u...
ボールを打つだけでは上達しない 歩けばゴルフは上達する... やっぱり、歩くということはゴルフの上達を手助けしてくれるようです。 たった、歩くだけでゴルフが上達するなんて、そんな魔法のような方法があるのだろうかと思ってしまいますが、歩くことはゴルフの上達を手助けしてくれるよう...
スポンサーリンク