フィル・ミケルソンのこれでもパー

中部銀次郎さんの書籍を呼んでいると スコアを形成するには内容は関係無いというようなところを感じます。例えば、3オン、1パットでもパーとなります。ティーショットをチョロして、セカンドショットで距離を縮めて、3打目のアプローチで寄せて、1パットでもパーとなります。カッコ良く2オン、2パットのレギュレーション通りであったとしてもパーとなります。つまり、パーという結果

2014年のザ・バークレイズでは、フィル・ミケルソンはホスピタリティ・エリアにボールを打ち込んでしまいました。通常であれば、OBでしょうか・・・それとも林の中なのかもしれません。ですが、フィル・ミケルソンは得意なウェッジでリカバリーをしてパーを獲ります。これでも・・・パー。 スコア形成をする概念というのもを考えさせられます。

スポンサーリンク
 

 

Phil Mickelson’s “Not again!” shot into hospitality

2014年のザ・バークレイズでの動画です。2度もホスピタリティ・エリアに打ち込んでしまったときの動画です。ですが、流石はフィル・ミケルソン・・・そこから得意のウェッジでしっかりと寄せてパーを獲ります。

 

ティーショット

ティーショットをホスピタリティ・エリアに打ち込んでしまって、唖然とするフィル・ミケルソン。しかも、2度目の打ちこみですから、ショックでしたでしょうね。

ティーショット

 

ホスピタリティ・エリアに打ち込まれたボール

ホスピタリティ・エリアに打ち込まれたボールは人工芝っぽい、人工マットのような上にボールが置かれてしまっています。もちろん芝生より硬そうな感じですから、ウェッジでも打つのは難しそうです。

セカンドショット

スポンサーリンク
 

セカンドショット

ホスピタリティ・エリアからのセカンドショット。しっかりとグリーンを捉えてきます。

バーディーパット

 

バーディー・パット

バーディー・パットは惜しくも外しましたが、余裕でパーでした。

バーディーパット

 

フィル・ミケルソンの動画を観て学んだことは、どのような流れであったとしても、ミスショットがあったとしても、パーであるということです。パーを獲るために、絶対にナイスショットをしなければいけないという訳ではないということが見えてきます。また、ミスショットだったとしてもリカバリーをすることで、スコアをまとめることが出来るという見本になりますね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
個性的な身体の動かし方 と 変則的なスイング... 変なスイングのことや変則的なスイングのことを考えていたのですが、やはり変則的なスイングは個性的だと思います。個性的なだけではなくて、自分の身体に合った無理の無いスイングをしているのだろうと思います。無理が無いというのは身...
前半はあれだけ嫌われたから入っておかしくない... 先日のラウンドで同じ組になった人がパターが、とても上手な人でした。パターが上手な人の特徴としては、ショットがめちゃくちゃ上手いという人は少ないように感じますね。語弊があったら申し訳ありませんが。なんとなく、私の今までの統...
オレは打てているという勘違いゴルファーにならないために... 勘違いゴルファーにらなないようにしなければと常に思っています。自分は飛距離が出ている、自分はしっかりと打てている、綺麗なフォームでスイングが出来ていると思っていても、本当に思っているだけになってしまっているかもしれません...
ゴルフ は アドレス やっぱり真っ直ぐ立つことが重要... ゴルフでアドレスが大切だということは以前にも記事として書いたことがありますし、中部銀次郎さんもアドレスが重要であるということを説いています。 やっぱりアドレスが大切だということを痛感したラウンドをしてきましたから、...
ゴルフ と メンタル ゴルフはメンタルのスポーツと言われます。メンタルが強くないといけないのだろうか? プレッシャーに強いほうが、やはりゴルフが有利に進められるのではと考えています。 メンタルとは メンタルとは精神力とい...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ