CONTENTS MENU
 

フィニッシュを決めてボールを見続ける

ゴルフ場でショットをしてフィニッシュを決めるというのはなかなか難しいです。私もやっとフィニッシュを決められるようになってきたという感じです。それでも、未だにフィニッシュが決まらずによろけてしまうこともあります。

スポンサーリンク
 

フィニッシュが決まると気持ちが良いですね。自分の世界に浸ることが出来ますし、フィニッシュが決まっているということ自体が、なんとなくゴルフが上手な人という雰囲気を漂わせてもくれます。

中部銀次郎さんの書籍ではフィニッシュを決めてボールを見続けるゴルファーは上級者だと書かれています。自分の打ったボールの行方を見続けることが大切であると説いています。自分のショットから放たれたボールがどれ程のキャリーか、フックか、スライスか、低いボールなのか、緊張している時にはどのようなボールを打っているのか、自分の目でしっかりと最後まで見届けることが重要であると説明をしています。フィニッシュを決めてボールを見続ける理由としてはボールが探しやすいからという理由もありますが、中部銀次郎さんの書籍には自分の本当の弾道、自分が打ったボールの真実を知るというところにポイントがあります。打てているようで打てていない。でも、上級者ゴルファーはそれを自ら受け入れているということです。中部銀次郎さんはフィニッシュを美しく決めていたので、それを見た同伴者が中部銀次郎さんがOBを打ったとは思わなかったというような逸話もあるほどです。

フィニッシュを決めてボールを見続けることは大切ですが、フィニッシュを決めることが出来るというのは、それなりに適切なスイングが出来ているという見方も出来ます。私の場合はフィニッシュが決まるように、ゴルフ場では無理矢理にでもフィニッシュをするようにしていましたから、それが自然と振り抜くということにもつながってくるし、自然とゴルフクラブがフィニッシュの位置に収まるようになってきました。

私の場合は、フィニッシュを決めることが出来るようになっても、自分が打ったボールを見続けることが出来ません。理由は簡単です。自分が打ったボールの行方を見ていたくないからです。つまり、フィニッシュは決まっていてもボール行方は自分が思い描いていた通りではないからということになります。見たくない・・・と思うことも良くあります。本当は最後まで見続けなければいけないとは思うのですが、自分が打ったボールの行方を見るのが、けっこう辛かったりもします。

自分で打ったボールを見ないようにしていると、フィニッシュが決まらなくなってきます。スイングを終えて、顔が上がってきて、ゴルフクラブもフィニッシュに収まるかどうかというところで、自分の打ったボールの行方が視界に飛び込んできたりすると、フィニッシュを決めきれないこともあります。言い換えるとスイングを途中で止まてしまっているということになります。これが続くとフィニッシュを決められないようなショットが連発したりすることがあります。フィニッシュが決まらないということはスイングも適切ではない場合も多いですし、下半身にチカラが入ってないことが多かったりします。

中げ銀次郎さんが説いているフィニッシュをしてボールを見続けるという意味とは少し異なるのですが、フィニッシュを決めてボールを見続けることが出来れば適切なスイングが出来ているだろうと考えることが出来ます。

私の場合はフィニッシュを決められない時というのは、途中でスイングを止めてしまっている時です。ミスしたな、当たりが悪いな・・・と思ったらクラブを振り抜いてフィニッシュの位置に収まるまで振りぬくこと無くスイングを途中で止めてしまって、クラブを胸のあたりで抱えるように両腕で握って、うつむいて下を見ていることが多いように感じます。

これは自己分析です。どのようなショットをしても最後までクラブを振りぬいてフィニッシュを決めることが出来れば自然とナイスショットの確率も高まってくるのではないだろうかと考えていますし、大きなフォローでボールをもっと前に押し出すことが出来るようになるのではと考えています。

この辺りは今シーズン色々と試しながら取り入れていこうと考えています。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア