ビリー・ホーシェルの練習から学ぶこと

2014年にフェデックスカップ年間王者となったことから、一躍有名選手となりました。ですが、その後は思うような成績を残せていませんでした。不調だったのかもしれませんね。ですが、今年 2016年 バレロテキサスオープンでは4位となりました。4位という成績を残せてのは、どうやら色々と練習をしていたようですね。

PGATOUR の YouTubeチャンネルにビリー・ホーシェルが練習をしている動画が投稿されていましたのでシェアします。

スポンサーリンク
 

 

Practice pays off for Billy Horschel

2016年はインストラクターのトッド・アンダーソン氏の協力により、50ヤードから125ヤードのグリーンを狙ったショットの練習をしていたとのこと。グリーンを狙った・・・というよりはカップを狙った精密なショットのことですね。動画のなかに映し出されるのですが、ターフの取れ方がスゴイですね。ベタピンに付けることが出来ればバーディーが獲れる確率も高まるだろうという戦略なのかもしれませんね。

手の甲、手首の折れ方? を意識するように教わっているのでしょうか。ライン出しに効果があるのかもしれませんね。

トッド・アンダーソン氏といえば、タイガー・ウッズ、ジャスティン・ローズ、ブラント・スネデカーのスイングをも見ていた人ですね。とても興味深いですね。

 

スポンサーリンク
 

 

ビリー・ホーシェル の 飛距離とミート率など

PGATOURサイトよりビリー・ホーシェルのSTATSをばっすいしてみました。

  • DRIVING DISTANCE : 291.1 Yard
  • CLUB HEAD SPEED : 113.09 mph
  • SMASHFACTOR : 平均 1.495 / 最高 1.519 / 最低 1.442

SMASHFACTOR は ミート率の意味です。ヘッドスピードがマイル表記なので、m/s に変換すると 約50.55m/sとなります。ヘッドスピードが判れば、ボールスピードを計算することが出来ます。

ボールスピード : 50.55m/s × 1.495 = 75.58m/s となります。

 

まとめると以下の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス平均:291.1ヤード
  • ヘッドスピード:50.55m/s
  • ミート率:1.495
  • ボールスピード:75.58m/s

数値からして、ぶっ飛びという感じでは無いですね。飛距離よりも精度を求めているのかもしれませんし、ここから自分のゴルフのなかでの武器となる得意なショットなどをつくっていこうと考えているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
リッキー・ファウラー優勝 【 2015年 ザ・プレーヤーズ選手権 】... 2015年 ザ・プレーヤーズ選手権 リッキー・ファウラー優勝 2015年 ザ・プレーヤーズ選手権 【 THE PLAYERS Championship 】 プレイオフ(ストローク制)の末にリッキー・ファウラーが...
勘違いフェード・ヒッター 【 自分の持ち球 実はスライス 】... 自分の持ち玉を考えると、私はフェードです。以前、ゴルフレッスンの先生とラウンドをしたり、レッスンラウンドをしたりしていたので、先生は私の持ち玉をフェードですね~と言っていました。 私も自分の持ち玉は、フェードだ...
松山英樹 優勝時のセッティング 2017年ウェイストマネジメント フェニックスオープン... 2017年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン で ウェブ・シンプソンを相手に 4ホールに及ぶプレーオフを制して、見事に優勝した 松山英樹選手のセッティングが紹介されていましたので、シェアします。 &nb...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッ...
フィル・ミケルソンのこれでもパー 中部銀次郎さんの書籍を呼んでいると スコアを形成するには内容は関係無いというようなところを感じます。例えば、3オン、1パットでもパーとなります。ティーショットをチョロして、セカンドショットで距離を縮めて、3打目のアプロー...
スポンサーリンク