ハンター・メイハン ウォームアップ 【 ラウンド前の練習 】

PGATOURのYouTubeチャンネルにハンター・メイハンのウォームアップの動画がアップされていましたので、シェアします。

ハンターメイハンといえば、アンダーアーマーのサングラスですよね。まるで昆虫?を連想させるようなサングラスがトレードマークとなりつつあります。実は、昆虫っぽいサングラスというのはゴルフだけではなくスキー、スノーボードなどのスノースポーツでも人気だったりします。カジュアルだとは言えませんが、サイバーチックでスポーティーでカッコイイです。

 

ハンター・メイハン ウォームアップ動画


※動画はPGATOUR.com の YouTube より

まずはパターから練習をしていきます。カップに入れようとするだけではなく肩がスクエアになっているのかを確認したりしています。パターの練習を終えたらドライビングレンジへ移ります。

 

ドライビングレンジでの練習

まずはウェッジから軽く打ち放っていきます。そして、8番アイン、6番アイアン、5番ウッド、3番ウッド、最後にドライバーショットの練習をしていきます。ハンター・メイハンのスイングからするとウッド系のクラブが得意なのかもしれないですね。ショットには自信があるからなのか、あまり長いクラブの練習はしないんだなという印象があります。

 

ウェッジの練習

ドライビングレンジでの練習を終えて、チップショットの練習場に移ります。58°のウェッジを巧みに操りながらロブショットの練習に励みます。打ちやすいライだけではなく、ラフからも練習をします。わざとラフからの練習をするというのは見習いところですね。打ちやすいところじゃなくて、逆に難しいラフからのウェッジの練習は実戦的ですね。

積極的にグリーンを狙っていくからなのか、もしもグリーンを外してバンカーにつかまったときのことを考えてなのか、バンカーの練習もしっかりと行っています。

 

ウォームアップ・トータル

練習時間としては1時間35分。ショットの練習よりもパッティングの練習量が多いという印象ですね。

勉強になりますね。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 

 

その他の選手のウォームアップ動画を紹介している記事がありますので、併せて読んでみてください。

SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
パッティングスタイルで自分のスイングの傾向をつかむ... ドライバーでのスライスを修正しようということで、色々なことを試して、色々なことを考えて、出来ることは取り入れていこうという考えで頑張っているのですが・・・なかなか直ぐには出来ないですね。 腕の振り方とかを考えた時に...
アイアインショット の ボール位置 先日のラウンドでダフってばかりいたので、アイアンショットのスイング調整及び確認をしました。スイングそのものは悪くないとのことですが、ボールの位置が左足側過ぎる(左足かかと線上)とのこと。ボールの位置があまりにも左足側すぎ...
ドライバーのスライス撲滅大作戦 最近はドライバーのスライスを治そうと強く思っています。何故、スライスを治そうかと思ったかというと飛距離が出ないからです。もともと、飛距離アップを考えていたのですが、スライスボールが当たり前に出るようなスイングでは飛距離ア...
アプローチは無難に転がす方がよい アプローチは転がすのが最善、アプローチは無難に転がす方がよいとのこと。 その理由を探ってみました。 中部銀次郎さんの書籍 悠々として急げ には このようなことが書かれています 一般的アマチュアでレギュレーシ...
最近のアイアンは払い打ちの方が良い?... 最近のアイアンは払い打ちの方が良いのだろうかとか、アイアンを打つときのライ角というか手首の角度を考えてみました。というのも最近のアイアンは昔のアイアンとは形状が違いますし、ロフトも違うし、シャフトの長さも違います。 ...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ