ドライバー 飛距離 アップ を目指してやるべきこと

3月に入って暖かくなってきましたね。そろそろゴルフへ行く回数が増えてきますね。花粉とPM2.5が少々辛いですが。私はドライバーの飛距離アップを目指して色々なトレーニング、色々な練習をしています。ドライバーの飛距離アップを目指すには、ドライバーを替えるよりも自分の身体能力を高める必要性がありますから、地道な努力が大切だと考えています。飛ばしたいと思って身体を捻転させたとしても、捻転から生まれるエネルギーを蓄積できずに、捻転が解けてしまうなことも未だにあったりするのですが春のゴルフに向けて色々なことを考えて練習中です。

スポンサーリンク
 

 

身体の捻転

飛距離アップを目指すには強烈な捻転が必要になります。左の肩がアゴの下に自然と入るくらい捻転をさせることが必要です。肩だけがアゴの下に入るようにするのではなく、上半身を捻転させるという意識が必要になります。つまり胸、お臍を回転させるというイメージになります。腰の回転と上半身の回転には捻転差が出来ます。腰よりも上半身の方が多く回転をします。捻転させることで身体が苦しくなります。その苦しさを我慢するためには強い体幹、強い脚力が必要となります。捻転をすれば良いというだけではなく、捻転した姿勢が崩れないように、耐えられるような強い身体が必要となります。ストレッチをしてゴルフに必要な柔軟性を強化するということが大切です。

 

脚力

脚力を強くすることで粘りのあるスイングをすることが出来るようになります。とくに右足の粘りが大切です。直ぐに右足の踵が浮いてしまうようでは捻転で蓄積したエネルギーをボールに伝達することが出来ません。とくにドライバーショットでは右足の粘り、踏ん張りが必要となります。右足で踏ん張ったエネルギーを受け止めるために左足の脚力も必要となります。

ドライバーショットでボールが上がらない場合は右足の踏ん張りが弱い場合が多いです。野球でも同じですよね。キャッチャーフライのようにボールを上げようとすると右足にチカラを入れてバットを振ることで高いボールを打つことが出来ます。

実際は脚力よりも股関節の廻旋運動が重要であると感じています。股関節に乗るという言葉通り、バックスイングをしてトップスイングを作ったときには股関節に圧力を感じます。

 

体幹

体幹が強ければ、軸がブレないスイングをすることが出来ます。軸がブレないということは頭も左右に動くことがありません。軸がブレないだけではなく、遠くて長いフォロースルーを作ることが出来ます。フォロースルーは、体幹が強いほうが遠くへクラブを押し出せます。ストレッチをしながら柔軟性をアップしつつも、上半身の捻じれに耐えられるような身体を作る必要があります。

 

飛ぶ要素が詰まったドライバーを使う

身体的な能力だけではなく、飛ぶ要素が詰まったドライバーを使うということも大切です。最近では低スピンなドライバーが主流となっていますし、昔のドライバーと比べてスピン量を減らそうという工夫が取り入れられています。スピン量が少ないと言うことはスライス回転も少なくなる、曲がり幅が小さくなる、飛距離が伸びるということにも繋がります。スピン量を減らして曲がり幅が小さくなれば飛距離が伸びた感じにはなりますが、根本的な解決策にはならないということも理解しておくと良いと思います。

 

腕は振らない

以前までは積極的に腕を振ろうという考えを持っていました。最近は腕を振ろうとしない方が良い結果が得られるように感じています。身体の前から両腕で作った三角形を崩さないように、そして身体の前から腕を外さないように意識しています。すると、自然と身体でゴルフボールを捉えられるような形となります。以前は積極的に腕を振ろうという考えを持っていました。積極的に腕を振ろうとしてしまうと腕だけが先走ってしまい、腕だけを振ろうというおかしなスイングになってしまうことに気づきました。最近は、ドライバーのフェース面の真ん中でボールをヒット出来るように丁寧なインパクトをするようにしています。フェースの真ん中、つまりスイートエリア周辺でボールを打てるようにということを考えていると自然とそれができるようになってくるので不思議です。

 

右手の握り方

どうしても、私の場合は右手が強くはいってしまい、右手で押すという動作が入ってしまいます。右手で押すというか左手より明らかに強いので右手に頼っているようにも感じます。弾道は強烈なフックが出たりします。チーピンに近い弾道となってしまいます。ですので、しばらくは右手の握り方をグリップから人差し指を離すようにしています。これも一時的なことです。あまりやり過ぎると適切なグリップが出来なくなってしまうのではないかという不安があります。

 

飛距離アップをするといっても、そう簡単に飛距離アップが出来るわけではありません。5ヤードでも良いから・・・ほんの少しでも良いので飛距離アップを実感したいですね。継続は力なりという言葉がある通り、諦めずに、長く続けることで、必ず成果が出るだろうと考えています。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
ゴルフスイングは股関節で腰の回転がつくられる... ゴルフスイングでは腰の回転をすると言われますが、人間の身体構造上としては腰だけを回転するということは出来ません。必ず股関節の動きが必要となり、股関節が動くからこそ腰を回転させることが出来ます。 股関節ということ...
打てないと思ったら猫背っぽくなってました... ゴルフスイングで頭を動かさないというのは、とても大切なことです。頭を残すことで軸がズレないようにすることができますし、ビハインド・ザ・ボール 頭がボールより後に置くことも自然とできます。 ゴルフスイングで頭を残...
ボギー狙い の ゴルフ は スコアを崩すキッカケにもなる?... ボギー狙いのゴルフというのは、ボギーをパーとして考えて、無理せずにゴルフをするという意味も含んでいるとは思うのですが、実はデメリットというか、リスクもあります。 グリーン外しの寄せでボギーオンでパーを獲ることも...
ギア効果で捉まるドライバーのメカニズム... ドライバーはギア効果でフック回転させると言われたことがあります。ドライバーのフェイス面のトゥ側の上でボールをヒットさせると良いというのは聞いたことがあります。一般的にはスピン量が少なくて、フック回転の入ったボールが打てる...
練習をしても調子が悪い時、練習をしてないのに調子が良い時... 練習量を増やそうと思っていながらも、あまりの寒さに練習へ行くのが億劫になってしまうことがあります。ただ、あまり練習をしてないのに、まずまずなゴルフができることもありますし、練習してないわりには、調子が良いということもあり...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ