ドライバー は スライス と フックどちらが良いのか?

誰でも自分の持ち球というのがあると思います。フック持ちとかスライス持ちとか、ドライバーを打てばとりあえず左か右か、どちらかに飛んでいきます。間違えて真っ直ぐ飛んでくれるということもありますが。

スポンサー広告

私は自分の持ち球を把握するまでに時間を要しました。早いうちに自分の持ち球というものを把握していた方が、練習もしやすくなりますし、実際のラウンドでもゴルフがしやすくなります。

ドローを打とうとかフェードを打とうとか、特殊なことをしようとすると余計におかしなショットになってしまうことが多いように感じます。構えたら深く考えずに振りぬくというのが大切ですね。

基本的に私はスライサーです。そのスライスを少しでも、真っ直ぐにしようと努力をしています。スライスから真っ直ぐに飛ぶだけでも、飛距離アップになります。スライスすることで飛距離をロスしていますから。

持ち球のことを考えてみました。

ドライバーがフック

昔の私はフック持ちだと思っていました。たまに弱いフックが出るとドローを打てていると勘違いしていたこともありましたが、基本的にはフックです。フックがきつくなるとチーピンでした。

スライスさせたくないからフックにしたい、飛距離が出るからドロー(フック)にしたいという考えもあるのですが、実際にゴルフ場でラウンドをすると強いフックは危険です。左側が狭くなっていることもありますし、フックは強い弾道だったりすることもありますから、考えもしないところへ飛んでいってしまうことがあり、結果的にOBになったりしてしまいます。

ドローボールを打とうとか思っていながら、実は右腕にチカラが入ってしまって左側に押し出しているだけになっていた時期がありました。とんでもなチーピンばかりで、スコアになりませんでした。

ドライバーがスライス

フェードだと思い込んでいた私の弾道はスライスボールであり、典型的なスライサーです。少し左に飛び出して、スライスしてきます。スライスというのは飛距離が落ちますから、本当は真っ直ぐに飛ばせた方が良いです。ですが、スライスボールに慣れてくると、フックボールよりは安心ができます。

スライスボールというのは、打ち出す方向を間違えなければOBになりにくいと思います。もともとスライスするのですからフェアウェイを真っ直ぐ狙ってしまったらスライスしてOBの確率が高くなります。ですから、最初から少しだけ左を狙って打てば、スライスしてフェアウェイをキープできます。ただ、飛距離は落ちますが・・・飛んでいない分、OBになり難いとも言えます。見ていて安心できる弾道です。

スポンサー広告

スライス と フックどちらが良いのか?

スライスとフックどちらが良いのか? 私はスライスの方が良いです。実際にスライスしか打てないというのもあります。スライスを打って、フェードだと勘違いしています。そんな勘違いも良い結果をもたらしてくれることもあります。ただ、飛距離が出ません。スライスボールの場合は、ミスショットしても助かることが多いです。というよりも、自分のスライスに慣れてしまったというのがあります。フェアウェイの左側を狙うようにアドレスをして、ティーショットをすればスライスしてフェアウェイにボールが残ってくれます。

逆に左に飛んでいったり、フックになると怖いなと思うことがあります。フックが出ると、心の中で 「しまった!」と思ってしまいます。フックボールというのは基本的に直進性の強いボールとなりますから、自分が意図していない方向へ向かってフックしてしまうと、ランは出ているし、大変なところまで転がってしまっていることがあります。これが、本当に嫌だなと思います。ただし、コントロールされたドローボールはしっかりとフェアウェイをキープしながらランも出せるのだと思います。

ただ、飛距離を求める場合は、やはりフックが良いでしょうね。ボールを捉まえて、強い弾道でランも多く出せます。私も飛距離アップは諦めていませんので、今のスライスボールを出来る限り真っ直ぐに近づけられるよう練習をしています。

スライスとか、フックとかというよりも、勘違いだけは避けたいですね。フェードだと思っていても、スライスボールだったりします。ドローだと思っていても、チーピンだったりします。自分の本当の持ち球というのを把握するということも大切ですね。

日々、精進
がんばります

スポンサー広告
 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください