トリッキー な ゴルフコース 【 サンクラシックゴルフクラブ 】

ゴルフ仲間に岐阜のサンクラシックゴルフクラブに連れていって貰いました。そんなに広いゴルフ場ではありません。むしろ、狭いゴルフ場です。そして、平らなライがとても少なくて、ブラインドも多くあるゴルフ場です。日本特有の山岳コースという感じですね。狭くて、平らなライが少なくて、ブラインドが多い・・・つまるところ頭を使うゴルフを要求されるコースです。ティーショットでのボールの落しどころを間違わなければスコアメイクしやすいのですが、少しでも曲げるとセカンドショットでグリーンを狙えなくなってしまうこともあります。

飛ばすよりは、狙ったところにボールを運ぶということが、ポイントとなるゴルフ場です。何でも良いからドライバーを振っておけ・・・という感じではありませんね。ティーショットでボールを何処に運ぶのか・・・ティーショットでのボールの落し所でスコアメイクが左右されてくると思います。

スポンサー広告

 

サンクラシックゴルフクラブ
▲フェアウェイは狭いです。向こうにはクリークがあります。ドライバーで打つとクリークに入ってしまうことがありますので、マネジメントが必要です。クリークを越えてやると果敢に挑む人を何度か見たことがありますが、クリークを超えた人は今のところ2名のみです。

 

サンクラシックゴルフクラブ
▲ 池とフェアウェイとクラブハウス。綺麗な景観ですね。

 

このゴルフ場で最も珍しいなと感じさせるのは、PAR3ショートホールの殆どがクリーク越えとなっているところでしょうか。それも、距離がけっこうあるんですよね。170ヤードとか。バックティーからは200ヤード前後となります。しかも、クリークを超えた直ぐのところにグリーンがありますので、しっかりとクリークを超えられる様に打っていかないとスコアメイク出来ませんので、ある程度の飛距離とショットの精度が必要となります。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

サンクラシックゴルフクラブ
住所:〒505-0124 岐阜県可児郡御嵩町比衣北大洞1097−1−1
GoogleMap
サンクラシックゴルフクラブ 予約 【 GDO 】
サンクラシックゴルフクラブ 予約 【 GORA 】

その他、ゴルフ場に関する記事があります