CONTENTS MENU
 

デカヘッド ドライバー のメリットとシャフトの性能

昨今、ドライバーのヘッド体積は460ccが標準です。飲料水のペットボトルが500ml つまり 500cc だったりするのですが、ペットボトルを見ると、これより少し小さいのがドライバーのヘッド体積と同じくらいになるんだなと思ったりとかしています。ドライバーのヘッドとペットボトルでは、形状が全く違いますけどね。

大きなヘッドになったことによって、どのようなメリットが得られたのだろうか・・・

デカヘッド ドライバー のメリット

  • スイートエリアが広い(ミスに強く)
  • ヘッド慣性モーメントが大きくなる
  • インパクトのエネルギーが大きく

 

その他にもメリットはあるかと思いますが、最大のメリットとしてはシャフトの性能を飛躍的にアップさせてくれたということだと思います。つまり、ドライバーのヘッドが大きくなるにつれて、シャフトの性能も高まってきており、シャフトの性能は巨大化するドライバーのヘッドを追いかけるかのように進化をしてきたと言えます。

シャフトの直径はたったの9mm程度です。そんな細いシャフトの先端には460cc という体積で、重さ200グラム前後のヘッドが装着されるわけですから、必然的にシャフトの剛性はアップしてきたんだろうなと思います。

ヘッドの進化よりもシャフトの進化に注目をした方が良いのかもしれませんね。

とくに最近はゴルフクラブ選びはシャフトからという考え方も浸透していますし、実際にシャフトの性能がゴルフクラブの良し悪しを左右するといっても過言ではありませんからね。

私のゴルフ仲間の中でも、かなりベテランなゴルファーは自分のスイングに合ったシャフトから装着するヘッドを考えるタイプなので、会話の内容が特徴的です。シャフトを主体として考えているので・・・「調子が悪かったからヘッドだけ変えてみた」というような感じです。そう簡単にヘッドをころころと取り替えられるのもどうかと思いますが、考え方は人それぞれですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高級車ベントレーのゴルフクラブ? PGATOUR.COM Equipement エディタのJonathan Wall氏のツイッターに珍しいドライバーの写真が投稿されていまいたのでシェアします。どうやらベントレーのドライバーのようです。そうです。高級外車のベントレーのようですね。 .@BentleyMotors golf clubs...
飛ぶドライバーの要素 【 反発係数の高いドライバー 】 やはり年齢と共に体力が減退しているからなのか、ドライバーの飛距離が少し落ちてきたように感じます。飛距離が落ちてきたというよりは、最近の大きな悩みである深い捻転が出来なくなってきたから、飛距離が落ちたのだろうと思います。飛ぶドライバーの要素は、いくつかありますが、反発係数、シャフトのこと、ヘッドのこと...
飛ぶアイアンだからこそ飛距離バランスを整える 最近のアイアンはストロングロフトとなっており、もともと飛ぶということを謳い文句にしていたりもします。飛ばせることは悪いことではありませんが、飛び過ぎは良くないと思います。ましてや、グリーンを狙っていくクラブであるアイアンになると、必要以上に飛ぶということが邪魔をすることもあります。 最近のメーカー...
飛ばないと思ったら・・・ドライバーの劣化だった 先日のラウンドでドライバーがおかしいなと思っていました。 なぜか飛びません。 おかしなスイングになっているのか、腕にチカラが入っているのだろうかと悩みながらラウンドをしていました。打音もおかしい、打感の感触もおかしい、ヘッドが戻ってこない感じがする・・・不思議な感覚に捉われたままラウンドを終えま...
雨ゴルフの後のゴルフクラブ 雨ゴルフの後はゴルフクラブをしっかりと清掃して水分を拭いてあげないと大変なことになることもあります。大変なことになってしまったという人を見たことがありますが、短期間で錆だらけでした。 ゴルフクラブの特にはスチールシャフトを使用しているゴルフクラブは要注意ですね。 雨の日にラウンドをしたのであれば...
SNS シェア