CONTENTS MENU
 

デカヘッド ドライバー のメリットとシャフトの性能

昨今、ドライバーのヘッド体積は460ccが標準です。飲料水のペットボトルが500ml つまり 500cc だったりするのですが、ペットボトルを見ると、これより少し小さいのがドライバーのヘッド体積と同じくらいになるんだなと思ったりとかしています。ドライバーのヘッドとペットボトルでは、形状が全く違いますけどね。

大きなヘッドになったことによって、どのようなメリットが得られたのだろうか・・・

デカヘッド ドライバー のメリット

  • スイートエリアが広い(ミスに強く)
  • ヘッド慣性モーメントが大きくなる
  • インパクトのエネルギーが大きく

 

その他にもメリットはあるかと思いますが、最大のメリットとしてはシャフトの性能を飛躍的にアップさせてくれたということだと思います。つまり、ドライバーのヘッドが大きくなるにつれて、シャフトの性能も高まってきており、シャフトの性能は巨大化するドライバーのヘッドを追いかけるかのように進化をしてきたと言えます。

シャフトの直径はたったの9mm程度です。そんな細いシャフトの先端には460cc という体積で、重さ200グラム前後のヘッドが装着されるわけですから、必然的にシャフトの剛性はアップしてきたんだろうなと思います。

ヘッドの進化よりもシャフトの進化に注目をした方が良いのかもしれませんね。

とくに最近はゴルフクラブ選びはシャフトからという考え方も浸透していますし、実際にシャフトの性能がゴルフクラブの良し悪しを左右するといっても過言ではありませんからね。

私のゴルフ仲間の中でも、かなりベテランなゴルファーは自分のスイングに合ったシャフトから装着するヘッドを考えるタイプなので、会話の内容が特徴的です。シャフトを主体として考えているので・・・「調子が悪かったからヘッドだけ変えてみた」というような感じです。そう簡単にヘッドをころころと取り替えられるのもどうかと思いますが、考え方は人それぞれですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア