デカヘッド ドライバー のメリットとシャフトの性能

昨今、ドライバーのヘッド体積は460ccが標準です。飲料水のペットボトルが500ml つまり 500cc だったりするのですが、ペットボトルを見ると、これより少し小さいのがドライバーのヘッド体積と同じくらいになるんだなと思ったりとかしています。ドライバーのヘッドとペットボトルでは、形状が全く違いますけどね。

大きなヘッドになったことによって、どのようなメリットが得られたのだろうか・・・

デカヘッド ドライバー のメリット

  • スイートエリアが広い(ミスに強く)
  • ヘッド慣性モーメントが大きくなる
  • インパクトのエネルギーが大きく

 

その他にもメリットはあるかと思いますが、最大のメリットとしてはシャフトの性能を飛躍的にアップさせてくれたということだと思います。つまり、ドライバーのヘッドが大きくなるにつれて、シャフトの性能も高まってきており、シャフトの性能は巨大化するドライバーのヘッドを追いかけるかのように進化をしてきたと言えます。

シャフトの直径はたったの9mm程度です。そんな細いシャフトの先端には460cc という体積で、重さ200グラム前後のヘッドが装着されるわけですから、必然的にシャフトの剛性はアップしてきたんだろうなと思います。

ヘッドの進化よりもシャフトの進化に注目をした方が良いのかもしれませんね。

とくに最近はゴルフクラブ選びはシャフトからという考え方も浸透していますし、実際にシャフトの性能がゴルフクラブの良し悪しを左右するといっても過言ではありませんからね。

私のゴルフ仲間の中でも、かなりベテランなゴルファーは自分のスイングに合ったシャフトから装着するヘッドを考えるタイプなので、会話の内容が特徴的です。シャフトを主体として考えているので・・・「調子が悪かったからヘッドだけ変えてみた」というような感じです。そう簡単にヘッドをころころと取り替えられるのもどうかと思いますが、考え方は人それぞれですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
アイアンセットの変化 5本セット? 4本セット?... アイアンセットといえば、昔は3番アイアン~9番アイアン PW AW SW という 10本セットが多かったように思います。昨今は、5番アイアンからのセットが多くなっていますね。さらには、PW AW SW などのウェッジがセ...
今年はキャロウェイが目立つ1年になるかも?... もうすぐ全米プロゴルフ選手権が開催されます。昨年の優勝者はジェイソン・デイでした。今年のメジャーな大会で優勝している選手を調べてみると、キャロウェイを使用している選手が優勝しています。 マスターズはダニー・ウィ...
2017年マスターズに出場している選手のパター... 2017年 マスターズもとうとう3日目を終え、残すところ1日となりました。やはり、グリーンが難しそうですね。ショットの精度も必要ですが、精確なパッティングセンスが要求されます。   ジョーダン・スピ...
ゴルフクラブメーカーの行方とか ナイキがゴルフ関連事業(ゴルフクラブ・ボール・ゴルフバッグ)から撤退をするという発表を聞いた時は驚きました。結局のところナイキはアパレルとシューズに絞っていくということとなります。   テー...
ドライバーより 3番ウッド(スプーン)の方が飛ぶ?... 先日、ゴルフ仲間と共に練習をしてきました。ゴルフ仲間の人は、どうやらドライバーに悩んでいるようで、練習場に様々なゴルフクラブを持ち込み、打ち比べをしながら練習をするということになりました。 ゴルフ仲間は、ドライ...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ