テーラーメイド 2017年 M1、M2シリーズ 発表

とうとう、テーラーメイドが2017年 ニューモデルを発表しました。基本的には、2016年のM1シリーズ、M2シリーズがベースとなっているようです。とても興味深いです。

スポンサー広告

 

2017年 M1シリーズ

M1シリーズは、フェアウェイウッド、ユーティリティ(ハイブリット)の方にも、移動式ウェイトが搭載されています。前作よりもカーボン使用量を増やして、更に低重心となっているようです。主にはソール側のトゥ側周辺にカーボンを採用しているとのことです。ドライバーのヘッド体積は、460cc と 440cc があるとのこと。

 

スポンサー広告

 

2017年 M2シリーズ

M2シリーズの方は、M1シリーズに比べると非常にシンプルな印象です。ドライバーは、後方にウェイトが配置されていますので、重心深度が深いのかもしれません。フェアウェイウッドは、ウェイトがフェース寄りとなっていますので、浅重心でスピン量が少ない弾道が打てそうです。ドライバーのヘッド体積は460ccとのこと。

ちなみに、2017年のM2ドライバーは、Dタイプという捉まりの良さを追求したモデルも準備されているとのことです。

 


▲2016年 M2ドライバー
現行のM2ドライバーのソールはシンプルです。

 


▲上の写真はM2ドライバー
2017年 ニューモデル M2ドライバーの場合は、ソールのトゥ側周辺にカーボンを採用しており、現行モデルよりもさらに軽量化と低重心化が進んでいるようです。

 


▲上の写真はM2ドライバー Dタイプ
Dタイプ の M2ドライバーは、ドローバイアスが入っています。捉まりの良さを追求し、スライスを軽減させるために、重心角を設けているようです。

 

2016年のM2ドライバーと比較すると、ソール部分に大きな改良点が見られ、ソール側のトゥ側にもカーボンを採用しているようです。また、スピードポケットの方は、2017年モデルの方が幅が狭くなり、深くなっているような感じとなっています。

 


今のところ、詳細が判りにくいですが、期待できそうですね。日本で発売されるのは、いつ頃になるのか気になるところですが、海外では既に発売されているとのことで、USモデルであれば購入ができるようです。


 

PR
テーラーメイド 2017年 M1シリーズ、M2シリーズ 登場 【 USモデル 】

 

  スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください