ゴルフのための体幹チューブトレーニング 【 ゴルフトレーニング 】

楽体(らくだ) RAKUDA というゴムチューブがありまして、周りのゴルフ仲間達がよく使っているのを見かけて購入をしたのですが、なかなか便利です。単なるゴムチューブなのですが、自宅でも手軽にトレーニングが出来るので気に入っています。

両手でゴムチューブを持って、胸の当たりで伸ばしたり縮めたりするだけでも、たるんだ身体が引き締まるような感じがします。そして、両手でゴムチューブを引っ張ったまま、両腕を高く上げたり下げたりという運動もしています。

ゴルフスイングというのは捻転をするという動作が必要になりますので柔軟性が必要となります。そして、併せて身体的なパワーも必要となります。ある程度のパワーを常に出せるように、簡単なトレーニングをしなければいけないと思っています。

自分の筋肉も使わなければ衰えていきます。そして、いつの間にか、なんとなく筋肉に張りが無くなったと思うときがありました。30代のころは、両腕を曲げて両肘、両脇を強く締めるような体勢をとると、胸のあたりの筋肉が張る感じがありました。ワイシャツなどを着ているときには、ボタンが引っ張られるほど胸の筋肉を緊張させることも出来ました。自慢ではありません。

ですが、いまでは筋肉の張りが弱くなっているように感じます。加齢による影響かもしれません。ゴルフというスポーツはしているものの、身体の全体を考えたトレーニングをあまりしていないことが原因なのかもしれません。歩いたり、走ったりしているし、腹筋などもしているのですが・・・どうしてもアルコールを摂取してしまうのがいけないのかもしれませんね。

トレーニングで使用するチューブは柔らかいです。ですから、座ったままでも扱えますし、録画したマスターズを見ながらでもトレーニングをすることが出来ます。

胸の前辺りで両手でチューブを引っ張ったり、縮めたりを繰り返して、疲れてしまって、もう動かすことが出来ないというくらいまで、やり続けると、やっぱり筋肉に張りが出てくるんですよね。きっと、筋肉に血が巡っているのだと思います。

チューブを使ったトレーニングは、胸の前で引っ張ったりするだけではなく、チューブを首に掛けて垂らして、両端を左手、右手で持って、スイングをするような動作をすれば、ゴルフスイングという動作をするときに必要となる筋肉を動かして負荷を掛ける事が出来ます。これは、なかなか鍛えられるはずです。

楽体(らくだ) RAKUDA 【 楽天ショップ 】

そういえば私のホームコースのゴルフ仲間の人たちも最近はジョギングとかマラソンとかロードバイクとか、自分の身体を動かすようなことを始めたと言う人が増えてきています。それも、ゴルフのためだとか。皆さん、見えないところで地道な努力をされているんだなと感心してしまいます。

日々、精進
がんばります

  スポンサー広告
 

その他、ゴルフトレーニングに関する記事がいくつかありますので、併せて読んでみてください。