ダスティン・ジョンソンの青いM1ドライバー

プレーオフシリーズ初戦 ザ・バークレイズが開催されました。ダスティン・ジョンソンのドライバーの色が青色でしたね。どうやら、テーラーメイド スペシャル エディション M1 ドライバーというようです。赤、白、青色というカラフルです。

スポンサー広告

 

テーラーメイド スペシャル エディション M1 ドライバー

Jonathan Wall氏 の ツイッターより。ロフト角は9.5°、10.5° が準備されているとのこと。

PGATOUR EQUIPMENT REPORT
TaylorMade commemorates Johnson’s U.S. Open win with special edition M1 driver

 

テーラーメイドのINSTAGRAMでも紹介されていました

通常のM1ドライバーはクラウン部分が黒色のカーボン素材となっていますが、テーラーメイド スペシャル エディション M1 ドライバーは青色になっていますね。

ロフト角が9.5°、10.5° の 2種類を準備し、800ドルで販売されるとのこと。
これも、USモデルのみなんでしょうか・・・

INSTAGRAM の 写真を見ると、トゥ側にアメリカの国旗があしらってありますから、もしかしたらオリンピック仕様のドライバーなのでしょうか? テーラーメイド所属のゴルファーが出場するだろうということで、準備していたのかもしれませんね。これは、憶測ですが。

テーラーメイド スペシャル エディション M1 ドライバーは、ダスティン・ジョンソンが全米オープンで優勝したことの記念みたいな感じでつくられたようです。

 

  スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください