CONTENTS MENU
 

ダスティン・ジョンソンの青いM1ドライバー

プレーオフシリーズ初戦 ザ・バークレイズが開催されました。ダスティン・ジョンソンのドライバーの色が青色でしたね。どうやら、テーラーメイド スペシャル エディション M1 ドライバーというようです。赤、白、青色というカラフルです。

スポンサーリンク
 

 

テーラーメイド スペシャル エディション M1 ドライバー

Jonathan Wall氏 の ツイッターより。ロフト角は9.5°、10.5° が準備されているとのこと。

PGATOUR EQUIPMENT REPORT
TaylorMade commemorates Johnson’s U.S. Open win with special edition M1 driver

 

テーラーメイドのINSTAGRAMでも紹介されていました

通常のM1ドライバーはクラウン部分が黒色のカーボン素材となっていますが、テーラーメイド スペシャル エディション M1 ドライバーは青色になっていますね。

ロフト角が9.5°、10.5° の 2種類を準備し、800ドルで販売されるとのこと。
これも、USモデルのみなんでしょうか・・・

INSTAGRAM の 写真を見ると、トゥ側にアメリカの国旗があしらってありますから、もしかしたらオリンピック仕様のドライバーなのでしょうか? テーラーメイド所属のゴルファーが出場するだろうということで、準備していたのかもしれませんね。これは、憶測ですが。

テーラーメイド スペシャル エディション M1 ドライバーは、ダスティン・ジョンソンが全米オープンで優勝したことの記念みたいな感じでつくられたようです。

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高級車ベントレーのゴルフクラブ? PGATOUR.COM Equipement エディタのJonathan Wall氏のツイッターに珍しいドライバーの写真が投稿されていまいたのでシェアします。どうやらベントレーのドライバーのようです。そうです。高級外車のベントレーのようですね。 .@BentleyMotors golf clubs...
飛ぶドライバーの要素 【 反発係数の高いドライバー 】 やはり年齢と共に体力が減退しているからなのか、ドライバーの飛距離が少し落ちてきたように感じます。飛距離が落ちてきたというよりは、最近の大きな悩みである深い捻転が出来なくなってきたから、飛距離が落ちたのだろうと思います。飛ぶドライバーの要素は、いくつかありますが、反発係数、シャフトのこと、ヘッドのこと...
飛ぶアイアンだからこそ飛距離バランスを整える 最近のアイアンはストロングロフトとなっており、もともと飛ぶということを謳い文句にしていたりもします。飛ばせることは悪いことではありませんが、飛び過ぎは良くないと思います。ましてや、グリーンを狙っていくクラブであるアイアンになると、必要以上に飛ぶということが邪魔をすることもあります。 最近のメーカー...
飛ばないと思ったら・・・ドライバーの劣化だった 先日のラウンドでドライバーがおかしいなと思っていました。 なぜか飛びません。 おかしなスイングになっているのか、腕にチカラが入っているのだろうかと悩みながらラウンドをしていました。打音もおかしい、打感の感触もおかしい、ヘッドが戻ってこない感じがする・・・不思議な感覚に捉われたままラウンドを終えま...
雨ゴルフの後のゴルフクラブ 雨ゴルフの後はゴルフクラブをしっかりと清掃して水分を拭いてあげないと大変なことになることもあります。大変なことになってしまったという人を見たことがありますが、短期間で錆だらけでした。 ゴルフクラブの特にはスチールシャフトを使用しているゴルフクラブは要注意ですね。 雨の日にラウンドをしたのであれば...
SNS シェア