ソールしない アドレス の ドライバーショット

ドライバーでティーショットをするときにアドレス時にソールをするか、ソールしない方が良いかというのは、たまにゴルフ仲間たちと議論する話題に上がってきます。

ティーショットではボールはティーアップをします。つまり、地面に接着しないようにボールを上げて置く事が出来ます。だからこそ、アッパーブローで打ちやすいということになります。

私はどちらかというと、ドライバーでのティーショットではソールをしないようにします。そうすることで、アドレスと同じ位置にドライバーのヘッドが戻ってくるという考えです。アドレス時にソールをせずに、少しだけヘッドを浮かしておくことで、インパクト時に同じ位置に戻ってくればクラブが綺麗にボールにヒットしてくれるだろうという考えです。

スポンサー広告

 

ソールしないアドレスのイメージ

 

ゴルフではアドレスしたところにクラブが戻ってくると一般的に言われています。アドレスの時と全く同じ場所にクラブを戻してくるのは難しいですし、全く同じ場所に戻ってくることはありません。ただ、漠然とですが、アドレスしたところにクラブは戻ってくるというイメージは持っています。

ということを考えるとドライバーショットでアドレスをするときにヘッドはソールさせない方が良いのでは・・・ということになります。ティーアップしたボールに対して、ドライバーのヘッドをソールした状態にすると、自然とフェースの上部にボールがヒットするような形となります。そのまま、スイングをしてクラブがアドレスをした場所に戻ってくるのであれば、テンプラになることは誰もが判ります。また、ソールをしているということは既にダフっているとゴルフレッスンの先生に言われたこともあります。これは、人それぞれ考え方がありますので、適切であるかどうかは判りません。

ですが、ゴルフスイングはアドレスをしたところに戻ってくる・・・そしてインパクトを迎える。ならば、アドレス時から適切な位置にクラブヘッドを置いておく方が良いだろうと思ったわけです。

なかにはトゥダウン現象のことを考えて、ソールをしないという人も居るみたいですね。たしかにドライバーの場合はシャフトの撓りが大きい場合もあるので、トゥダウン現象によりクラブの角度が変わってしまうこともあるかもしれませんね。

ただ、ボールを置く位置が左足側で、最下点がボールより少し手前・・・つまり右側であれば自然とアッパーブローになるはずです。

ソールしないでアドレスをした時には、自然とクラブの重さを感じることが出来ますので、既にスイングの準備が出来ているとも言えます。ただ、ソールをしないということはクラブを持ち上げているという状態になりますので、クラブをどこで持ち上げているのかがポイントになってきます。腕でクラブを持ち上げているのか、肩で持ち上げているのか、それとも手首で持ち上げているのか。たまに、腹筋でクラブを持ち上げているという人も居ます。

腕でクラブを持ち上げて、ソールをしないようにしたのならば、自然と腕にチカラが入ってしまいますので、あまり良いアドレスとは言えないかもしれないですね。腕にチカラが入っていますので、そのままスイングをするとダフってしまう可能性もありますし、その他のミスを誘発する恐れがあります。

ソールをしない。だけど、ソールをさせない身体の使い方がポイントとなってきます。

ちなみに美人ゴルファーのキム・ハヌルちゃんのスイングは、アドレス時にはソールをするけど、テイクバック始動時には、ソールを上げます。上げながらテイクバックをするのではなくて、アドレス(姿勢)を保ったままソールを少しあげてから、テイクバックにはいります。これが、なかなか参考になります。

 

スティーブ・ストリッカーのスイング

アドレスしたところに戻ってくるスイングといえばスティーブ・ストリッカーですね。

スティーブ・ストリッカーのスイングはとても参考になりますね。43秒辺りからの映像ですが、アドレスをしたところに手、シャフト、クラブヘッドが戻ってきますから。こんなことが出来れば、ソールしていても、ソールしていなくても関係無いのかもしれません。本当にゴルフスイングなんて簡単なんだろうなと思いますが・・・なかなか難しいですね。

日々、精進
がんばります

  スポンサー広告
 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください。