スライスしないようにしようとするとスライスする

ドライバーでスライスしないようにしようと考えると、色々なことを意識的に行ってしまいます。それが、逆にスライスを誘発してしまっているようです。スクエアにアドレスをして真っ直ぐ打つことを意識した方がスライスを減らせそうです。スライスしないように・・・という意識が余計にスライスを誘発してしまっているように感じます。

スライスを誘発する原因を探ってみました。

スポンサー広告

 

心理的なこと

心理的なこと・・・これは、池などのハザードを目の前にした時のショットと似た様な心理が働いていると思います。池に入れたくない・・・という気持ちでショットをすると池に入れてしまうということに似ていると思います。池に入れたくない・・・池を越えられる程度に飛ばしおきたい・・・飛ばしておきたいという気持ちからチカラが入ってしまい、ダフって池ポチャかトップして向こう岸の縁にボールがヒットして池ポチャ・・・

ドライバーのスライスと池ポチャは全く別のショットなのですが、ショットする時の意識というか気持ち的には似ているところがあると思います。ドライバーショットの場合はスライスしたくない・・・ミスショットしたくない・・・OBしたくない・・・「したくない気持ち」から、自分で知らず打ちに、ボールに当てようと調整して打ってしまって余計にスライスになるということでしょうね。

深く考えずに、いつも通りに打つというのが最も良いのだと思います。

 

軸がズレる

私は、もともと左側へ身体が動いてしまいます。身体が動くというよりも、頭が左側に動くという感じでしょうか。そして、動いた分だけ軸がズレてしまいます。私は右目が利き目です。ドライバーショットのときには、ボールを置く位置は左足側に置きます。左側に置かれているボールを右目で見ようとしてしまうから頭が動いてしまい、軸がズレてしまって、身体全体が左へ動くというか傾いてしまいまい、結果的には「身体が浮いている」と言われたりする動作につながってしまいます。効き目である右目で見やすい位置に移動をしているのだろうと思います。

それって、パターでも同じ様なことがあります。自分の身体の真ん中辺りにボールを置いてストロークをします。その時、ストロークした後も、頭を動かさないように顔を下に向けておき、転がるボールを横目でボールを見ます。ストロークをして、パターのフェースとボールがコンタクトするかどうかという時に転がるボールの行方を追いたくなって、顔があがってしまい、結果的に頭が動き、軸がズレてしまうということに似ていますね。

軸がズレるということは頭が動いているということです。頭が動いているということは、顔が動いているということになり、目線が上がっているということですね。ヘッドアップですね。

ヘッドアップしないように横目でボールを追うということも必要かもしれませんね。ただ、頭を動かさずに、いつまでも下を向いたままは良くないですね。良くないというか首を痛めそうです。

 

スポンサー広告

 

右足を引いてクローズ・スタンスにする

スライスを予防するために右足を引くという方法があったりします。足を引くということは少しクローズなアドレスとなります。飛球線に対して、肩の方向は少しだけ右を向きます。

実は右足を引いてアドレスをするというのは、クローズ・スタンスにすることで、バックスイングでクラブを引いた方向に胸を向けておくことが出来ます。胸が右を向いたままであれば、下半身との捻転差も自然とつくれます。つまり、スタンスがクローズになるのではなくて、身体全体がクローズになるから身体が開かないということですね。このために右足を引くという動作があるのかもしれません。

ですが、フレッド・カプルスはオープン・スタンスで捉まったボールを打っていましたから、アドレスやスタンスは人それぞれの身体能力や骨格などによって良いと思えるスタイルは異なってくると思います。

 

間違ったギア効果によるスライス

スライスが出始めると、フェースをフックにしてみたりなんかして、フェース面を被せみたりということを試みることがあります。フェース面を被せるようにフックにしてみたりという手元で調整をするような事をすると、知らず内に極端なハンドファーストになってしまたりして、余計にスライスが出てしまいます。

最近、気付いたのですがフェースを被せてフックフェースのようにしてショットをすると余計にスライスが出ます。これは逆にスライス回転が発生するギア効果になっているように感じます。

もともとは、フックフェースにすることでクラブがボールにコンタクトした瞬間にフェース面が開かないようにという考えでした。ですが、フックフェースのままでボールを打つと、フェース面はフックのまま、左を向いたままで打つとヒール側にヒットしたときのようなギア効果が発生する? このあたりは色々と自分でテストしていこうと思います。

 

ドライバーというゴルフクラブは、とてつもない勢いで進化してきています。小さなヘッドは460ccという大きなヘッドになりました。その大きなヘッドを支えるためのシャフトの剛性も高まりました。スピン量を軽減するための工夫が取り入れられて、浅重心+低重心なドライバーは当たり前となりました。最近ではヘッドのクラウン部分にカーボンを採用するという今までに思いつかなかったアイデアも取り入れられています。その進化はこれからも続いていきます。

ドライバーというゴルフクラブは、これからも進化していくだろうと思いますが・・・スライスを撲滅するという課題は未だに解決されていません。きっと、スライスというのは撲滅できないのかもしれませんね。これは、ゴルフクラブの進化だけでは解決できないのかもしれません。

日々、精進
がんばります

 

スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください