CONTENTS MENU
 

スライスが治らない場合はトゥダウン現象が原因?

ゴルフ仲間の先輩が、どうしてもスライスが治らないということで、スイングを見てくれということで、見させてもらいました。スイングを見るといっても、私が人のスイングを見て修正できるような能力もありませんし、そんな恐れ多いことは出来ません。

先輩ゴルファーが、スイングをした後に、シャフトは撓ってた? 頭は動いてた? 身体は浮いてる? 右足の踵は浮いているか? というようにスイングを見ている私にポイントを質問して私が見たままを答えるというだけのものですが。

動画を撮った方が早いような気がしますが・・・。動画を撮って自分で見るよりも、他の人に見てもらったほうが厳しい意見が出るから参考になるとのことです。

先輩ゴルファーがスイングをする。先輩ゴルファーが気になるポイントを私に質問をする。そして私が答えるということで、スイングを修正していくという、けっこう面倒な作業ですが、けっこう興味深いことが分かってきます。

右足の踏ん張りも出来ているし、捻転もしっかりしているし、別に手が入っている感じでもないので、自然とスライスをしてしまうような印象を受けました。自然とスライスをするということは、良いスイングをしていてもスライスをしてしまうということですね。ということは、スイングにシャフトが負けてしまってフェイスが戻って来ない可能性がありますね。

芝生の上からでも3番ウッドをしっかりと振ってこれる人ですから、スイングが大きく間違っているということは考えにくいです。ボールが真っ直ぐに飛び出して、スライスをするということは右の回転が入っている訳ですから、フェイス面が右を向いているという可能性が高いですね。

というようなことからシャフトのトゥダウン現象が原因ではないだろうかということになりました。重心距離が長いことも手伝ってヘッドが返らないのかもしれないですね。

 

トゥダウン現象が、そんなにスライスを誘発させるほどの影響があるのかは、私にはわかりません。ですが、先輩ゴルファーがスイングして、インパクト時にはシャフトが上に向かって撓るように見えます。シャフトが撓るというか、反っているという言葉の方が適切なのかもしれません。シャフトは左右だけに撓るのではなく、上下にも撓る、そして捻れるということを再認識しました。

とくに長尺ドライバーはトゥダウン現象が発生しやすいかもしれませんね。長尺であるからこそ、撓りやすい、捻じれやすいということが言えますからね。

トゥダウン現象によって、それほどスライスが出たりということに大きな影響を及ぼすとは考えていませんので、新しいきづきが得られた気がしました。

インパクト時にトゥ側が下がるのであれば、トゥ側が下がることを見越して、先にトゥ側を少しあげてアドレスをしても良いかもしれませんね。それか、ライ角がアップライトなドライバーにするか。

先輩ゴルファーは私よりもヘッドスピードが速くてもレギュラーなフレックスのシャフトをつかっていますので、ご自身のスイングにシャフトが負けてしまっているのかもしれませんね。それとも、ご自身のスイングが変化してきているのかもしれませんね。自分では気付きませんが、スイングというのは少しずつ変化しますし、進化します、場合によってはパワーアップしていることもあります。変化する自分のスイングにシャフトがついてこれないのかもしれませんね。

色々と勉強になりました。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア