CONTENTS MENU
 

スタートホールでつまずくのは、先にたたくものを、今たたいただけ

中部銀次郎さんの書籍 「もっと深く、もっと楽しく」に書かれている内容なのですが、スタートホールでミスをして先を急ごうとすると様々なミスを誘発させてしまうというようなことが書かれています。

スポンサーリンク
 

スタートでつまずいてしまうと・・・ついつい先を急いでしまいがちとなってしまうというような事が書かれています。つまり、スタートでつまずいてしまった分を取り返そうという気持ちが強くなってしまい、不安、焦燥感、焦りの方が勝ってしまい、適切な判断ができなくなってしまうというようなことを伝えようとしています。

中部銀次郎さんの場合は・・・番手選びで迷ったことはなかったと書いています。グリーンまでの距離、その日の気象条件、グリーン周りの状況を把握して、番手を決める。決まったら、クラブを抜いて、直ぐにアドレスに入った。

焦ってしまって、適切な判断が出来ない場合、例えば9番アイアンできっちりと打っていけば良いという場面で、もしかしたら足らないかもしれないという考えが過ぎり、8番アイアンに持ち替える。ただ、頭の中には8番アイアンでは大きいという考えが残っており、ハーフショットとなり、結果的にはグリーンには届かずにショートしてしまうという。そんなしだいで、先を急いでいた。迷ったあげくに同じ様なミスが続くと、迷った自分に対する悔いが残る。悔いが清算できないまま次のショットを打つことになり、また悪い結果となりやすい・・・と書かれています。

先を急ぐというのは、早くグリーンにボールを乗せたいという気持ちなのだろうと思います。そして、スタートホールでつまずいた分を取り返したいという気持ちがあったのだろうと思います。

スタートホールでつまずいても凌いでいくためのヒントも書かれています。スターとホールでつまずくと焦ります。冷静に考えてみると、1ホール、2ホールでつまずいたとしても、先にたたくものを、今たたいただけ、そのうちパーが獲れるかもしれない、バーディーがくるかもしれない、それくらいの考えを持てば良い・・・というような事が書かれています。

ミスを忘れろ、ミスを引きずるな、気にするなと言っているようにもとれます。

スポンサーリンク
 

私の様なアマチュアゴルファーであれば、スタートホールでダブルボギーを叩くことがありますし、時にはトリプルボギーでスタートなんていうこともあります。いきなりダブルボギーということは、しょっぱなから+2ですから、焦ります。どっかで取り返したいと思いますし、早く次のホールへ行きたいという気持ちになりますし、早くショットした思ってしまいます。それは、スタートホールでつまずいた分を早く取り返したいからだと思います。

スタートでつまづくと焦りが生じる、判断が鈍る、番手選びで悩む、ミスを引きずり次打もミスする、この先、パーがくるか、バーディーがくるかもしれないという希望を持ちつつも、先にたたくものを、今たたいただけ くらいの気持ちでいたほうが良いということですね。

「先にたたくものを、今たたいただけ」 という言葉はとても良いなと思いました。こんなことは言いたくありませんが、結果的には自分のハンディキャップ通りのスコアとなることが多いです。それは、前半が良くても、後半が悪いとか・・・そういった事を考えていくと、「先にたたくものを、今たたいただけ」 という言葉がとてもしっくりきます。

逆説的に考えると、スタートが良いということは、まだ叩いてないので、この先で叩くかもしれないという覚悟を持っておくことも大切なのかもしれませんね。

ただ、「先にたたくもの」 の 叩く数(打数)を減らしたいと思っていますから、後にも先にも叩きたくない・・・といっても簡単なことではありません。そのために練習をして経験を積んでいくことが必要なのだろうと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 

PR
もっと深く、もっと楽しく。―アマチュアのためのゴルフ聖書(バイブル) / 中部銀次郎

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア