CONTENTS MENU
 

スコアメイクはショットよりもゲーム設計にある

中部銀次郎さんの書籍 もっと深く、もっと楽しく 172ページに書かれている内容なのですが、ゴルフのスコアメイクはショットの良し悪しよりもゲーム設計にあると書かれています。

スポンサーリンク
 

そして、「ショットが悪かったら良いスコアなんて出せないだろうという反論が出てくるのも無理ない」・・・という前置きを踏まえながら説明されています。

ストローク130くらいではゴルファーとは言えない。ハンディキャップは40までだから・・・という、ちょっと厳しいなと思うような言葉も書かれていたりもしますが本当のことですからね。

ゲーム設計をどのように立てていくか・・・スコアメイクのために・・・「ボールを打つ技術がどれほどなのか過大にも、過小にも評価しない、さめた目で知っておかなければならない」と書かれています。

その意味の説明として、「とある人が18ホール中PAR3を除いた14ホールのうちフェアウェイ中央に200ヤードのドライバーショットを3発打つことができた。残りは引っ掛け、擦り玉のスライスだった。平均してみると170ヤード程度の飛距離だった。だけど、このゴルファーは自分のドライバーショットの飛距離は200ヤードであると思い込んでしまう」・・・と書かれています。つまり、本当のj分の飛距離を知るということ、本当の自分のショットの精度を知るということが、とても大切であるということを説明していると同時に、殆どのゴルファーが自分の技量を過大評価してしまっている傾向があるということですね。私も自分の本当のドライバーの飛距離を把握するまでには、時間を要しました。時間を要したというか、本当の自分の平均飛距離を信じたくなかったというのが正直なところですね。自分はもっと飛んでいると思っていましたから。

ゲーム設計をするための必須の前提条件は過大にも、過小にも評価しない、さめた目で知っておくことですから、既に自己評価を誤ってしまっているということになりますね。

「 ドライバーショットは、あくまでもティーオフするための第1打であって、究極のターゲットはカップである。最終的にはカップを狙っているのだから、第2打から色々な問題が生じてくる」というような説明されています。

395ヤードのPAR4のホールでドライバーで200ヤードのナイスショットをした。
残るは195ヤード・・・スプーンで打って2オンを狙うかどうか・・・そのスプーンの精度は? 成功確率は? 2オン2パットでパーだけど3オン1パットでパーには違いない。スプーンがナイスショットして2オンに成功する可能性もあるけど、ミスショットとなりトラブルに見舞われる可能性もある、
実はトラブルに見舞われる確率の方が高いのでは?

それでは、どうすれば良いか・・・ゴルフのゲーム設計は、この問いから始まる・・・

最近の私の状況がまさしく、PAR4ミドルホールでセカンドショットでグリーンまでの距離が多く残るという状況です。ですから、書籍を読んでいて、自分のことかと錯覚してしまいました。私は飛距離が出ませんから、距離のあるPAR4ミドルなんかですと、セカンドショッでは5番ウッド、3番ウッドを当たり前のように使わなければ、レギュレーション通りにゴルフが出来ないということが多々あります。

もちろんドライバーショットの精度が悪ければ、アイアンで刻みながら、3打目でグリーンを狙うということもあります。

ライが悪くてもスプーンを振っていくこともありますし、爪先下がりの斜面から5番ウッドを使うという場面もあります。フェアウェイのライが良い場所からのショットであれば、5番ウッドでのショットは成功率が高いです。では、3番ウッドとなると、5番ウッドよりは自信がありませんから、打ってみて、その後に考えようというような曖昧な気持ちになってしまいます。つまりライが良くても5番ウッドと3番ウッドのナイスショットの確率は違ってきますし、5番ウッドの方が成功率が高いということです。

または、グリーンまでの残り距離が190ヤードだったら、9番アイアン、またはピッチングウェッジ2回打てば届く距離ですし、6番アイアンで150ヤードくらい飛ばしておいて、ウェッジで寄せるという方法もあります。

または、もっと別の方法があるのかもしれません。いくつかの選択肢の中から極力、トラブルを避けられるような方法を選ぶことが良いのかもしれないですね。

ゴルフのゲーム設計、組み立て方は人それぞれだと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア