CONTENTS MENU
 

スコアは見てくれの悪いショットの上で成り立っている

中部銀次郎さんの書籍 ゴルフわかったと思うな 56ページに書かれていることなのですが、だいたいがスコアというものは、見てくれの悪いものの上に成り立っているものなんです。と書かれています。

スポンサーリンク
 

とても良くわかります。

そして、7打目のパットが2メートルぐらい残っていて、しかも難しいラインだということがあります。外したら8。スリーパットしたら9という状況で7打目のパットが入ったら、有り難いという感謝の気持ちを持つこと・・・というようなことも書かれています。

このお話も良くわかります。

というのも、私の最近のゴルフはショットが悪すぎてなんとも充実感の無いゴルフが続いています。ドライバーでのティーショットは左へ行ったり、右へ行ったり、セカンドショットもトップしたり・・・アプローチもなんとかギリギリ寄せられていると感じ。だけど、ショットは悪いけどパットは良かった・・・ということで、ボギーペースのゴルフが展開されていきます。そして、パターで助けられながらも何とか凌いでいくんですよね。しかも、ボギーペースで。淡々とボギーペース。

見たくれは悪いですよ。中部銀次郎さんの書籍の中で出てくる言葉で言うと、汚いパーとかそんな感じになるんでしょうけど。

ティーショットでのドライバーなんてナイスショットと言えるようなショットがひとつも無かったし、セカンドショットもフラフラしてるし、アプローチも何だかトップ気味だったりなんかして。それでも、丁寧にパッティングをしていたら、パーが獲れたり。

そして、次のホールでもパーが獲れたり。そして、最後にはバーディーが獲れてハーフ42というスコア。

ナイスショットはひとつもなかったけど、ナイスパットが続いてくれたおかげでなんとか、スコアを形成することが出来たという経験がありましたので、中部銀次郎さんの言っている、有り難い という意味は良くわかります。

そもそもショットが悪いということは、スイングそのものが出来ていないということであり、色々と修正をしなければいけないことが多々ある。だけど、ショットが悪くても奇跡的な1打、偶然の1打に感謝をすることで、必然的なショットやパットをすることが出来ると思います。

ラウンドをしながら、なんとなく中部銀次郎さんの言っている意味がわかってきたなという感じでした。

日々、精進がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア