CONTENTS MENU
 

スクエアな構えからドローとフェードを打つ 【 中部銀次郎 】

中部銀次郎さんはどのような弾道もスクエアに構えて打つようです。例えば、ドローボールを打つときにはクローズスタンスにする、フェードボールを打つにはオープンスタンスにするというのはよくある話ですし、私もそういったスタンスが必要だと思っています。

スポンサーリンク
 

ですが、中部銀次郎さんはスタンスを変えたり、スタンスを意識するのではなく、ボールの見る場所を変えるだけで弾道を変えることが出来ると書籍(もっと深く、もっと楽しく)のなかで書き綴っています。

ただ、書籍の中ではドローを打つ場合にはボールのどこを見る、フェードを打つ場合はボールのどこを見るということは細かく説明されていません。ですが、あるていどゴルフクラブを振り回すことができるゴルファーであれば、なんとなく判るかもしれないですね。

スタンスを変えてドローを打つ、フェードを打つのではなく、スタンスを変えずにボールの見る場所を変えてドローを打つ、フェードを打つという考えは、とても興味深いです。

書籍にはこのように書かれています。

  • フェードを打ちたい時には、ボールのいちばん手前を見る。体に最も近いところを見る。
  • ドローを打つ場合には、ボールの向こう側を見る。体に遠いところを見る。
  • 高いボールを打つ場合には、ボールの右端を見る。
  • 低いボールを打つ場合には、ボールの左端を見る。

つまり、中部銀次郎さん言うにはスクエアな構えからはドローもフェードもどちらも打てるということ。しかも、ストレートボールを打つのと同じスイングで打てるとのこと。本当に打てるのかは分かりません。ただ、人間というのは目で見た方向へ動く、目で見た方向に動作をしやすいという特質があるらしいので、見た方向に向かってスイングをすることが出来るのかもしれません。

ボールの見る場所を変えるというのは、目で見た方向に向かってクラブヘッド(シャフト)が通る道筋なんだと思います。つまり、ボールの見る場所を変えることで、クラブヘッド(シャフト)が通る道筋を変えているということになります。スイング軌道が変わるということですね。そして、見る場所を変えることで、スイングの最下点も変化するのだろうと思います。

これは、以前に私が感じたことなのですが、ドローとかフェードの話ではなくて、ドライバーショットをするときに、ドライバーのヘッドをボールの直ぐ後ろに合わせてアドレスをしていた時期がありました。今でも、そういったアドレスをすることがあります。この場合、視線はボールかボールに当たるかどうかくらいに置かれたクラブヘッドを見ていました。そしてスイングをすると、テンプラに近い状態になってしまうことがありました。つまり目で見たところがスイングの最下点となってしまい、クラブがボールのしたに潜ってしまったのだろうと思います。

最近は、クラブヘッドをスタンスの真ん中あたりに置いて、ボールは左足の方に置いておくというアドレスにしました。そうすることで、スイングの最下点がスタンスの真ん中あたりとなりアッパーブローでボールを捉えられることが出来る。

中部銀次郎さんの言う、ボールの見る位置を変えてドロー、フェードを打ち分けるというのは、自分の目で見たところをクラブヘッド(シャフト)が通るだけではなく、スイングの最下点をも変化させているように感じます。

構えがスクエアだからこそ、適切なドロー、適切なフェードが打てる。それは、中部銀次郎さんの考えのなかではスクエアなドロー、スクエアなフェードという考えがあったのかもしない。ボールを曲げるのだけどスクエアな構え。だから、スクエアなドローとフェードが打てる。

本当は難しく考えずに真っ直ぐ打てるのが最も良いですからね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア