CONTENTS MENU
 

スイングは頭を動かさない それは・・・顔も動かさない?

ゴルフスイングでは頭は動かさない方が良いと言われます。頭を動かさない方が良いというか・・・頭を動かしてはいけないという言葉の意味が強く感じてしまいます。頭を動かしてはいけないという言葉を鵜呑みにしてしまうと、いつまでもボールを凝視して、絶対に頭が左右に動かないようにしていた時期が私にもありました。ゴルフというスポーツのなかでは、スイング動作を伝えるための言葉が少し違うだけで、全く異なった意味になってしまいます。

スポンサーリンク
 
 

今は慣れてきてしまったので、頭を動かさないようにはしていますが、顔は左右に動きます。ですからスイングを正面から見ると、頭が動いているように見えます。ですが、実際は頭が左右に倒れたり、沈み込んだりはしていないので、スイングの軸が大きくブレることはありません。

頭と顔・・・これが難しいですね。

頭を動かしてはいけないと思い込んでしまうと、ボールを凝視してしまって、全く頭を動かさないようにしてしまうのですが、自然と顔は左右に動きます。というよりもバックスイングでの捻転の時には、身体の捻転につられるように顔が動いてしまうこともあります。顔が左右に動くということは、頭も左右に動いているということになります。

頭が動くと何がいけないのかというと、スイング軸がブレてしまうからですね。軸がブレるというか身体が傾いてしまうことがあるからです。頭を動かさないという言葉の意味としてはスイング軸がブレないようにするための意味が含まれているということになります。

スイングは頭を動かさない それは・・・顔も動かさない?

 
私の場合は、頭も顔も動いているようなスイングになっていると思います。自分でも判ります。身体がカタイのでバックスイングをしてトップを作ったときには顔がバックスイングをした方に向いてしまいます。インパクト前に左足で踏ん張って身体が流れるのを抑えることが出来れば、スイング軸もブレにくくなります。

あまりにも頭を動かさないことばかりを考えると、首を痛めることもあります。ゴルフというスポーツのなかで軽視されがちなのが首だと思います。実は首周りが支点となって最も負荷が掛かることもありますからね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
SNS シェア