CONTENTS MENU
 

ジャスティン・トーマス優勝 2016年 CIMBクラシック

2016年 CIMBクラシックでジャスティン・トーマスが優勝しました。去年も優勝をしましたから、二連覇となります。ジャスティン・トーマスは、まだまだ知られていないゴルファーかもしれませんが、ジワジワと実力を付けてきているゴルファーです。あまり知られてないというのは、ジャスティン・トーマスがプロ転向したのが2013年で、まだ若手のゴルファーだからでしょうね。

スポンサーリンク
 

 

ジャスティン・トーマス

Titleistさん(@titleist)が投稿した写真


▲TITLEIST の INSTAGRAMより。ジャスティン・トーマスです。CIMBクラシックは、917D3シリーズを使用していたとのことです。

 

ジャスティン・トーマス

  • 1993年4月29日生まれ
  • アメリカ出身
  • 使用クラブ:Titleist
  • プロ転向:2013年

 

松山英樹・石川遼

日本からは松山英樹、石川遼が出場していました。

そして、単独2位だったのが松山英樹選手でした。彼も確実に実力を付けてきていますし、もう直ぐでメジャーな大会で勝つだろうとも言われています。日本からも、国外からも注目されているゴルファーとなっています。石川遼選手も10位タイという好成績でした。しばらく、試合に参戦していなかったけど、まずまずの結果となりました。2人の活躍が楽しみですね。

 

CIMBクラシック 概要

開催期間:2016年10月20~2016年10月23日
開催ゴルフ場:TPCクアラルンプール(マレーシア)

 

スポンサーリンク
 

関連ニュース記事
ジャスティン・トーマスが大会連覇!松山は惜敗2位、石川10位

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア