CONTENTS MENU
 

ジェームズ・ハーン 優勝 【 ウェルズファーゴ選手権 】

松山英樹選手も出場をしていた、ウェルズファーゴ選手権ですが、ジェームズ・ハーンが優勝をしました。一時はリッキー・ファウラーが単独首位に立つなどして入れ替わりが激しいなと感じさせる展開でした。ジェームズ・ハーンは知名度が高い選手ではないかもしれませんが、地味に活躍をしている選手です。2013年のウェイストマネジメントでも不思議な踊りを披露したことでも話題となりました。ジェームズ・ハーンは、2015年ノーザントラストオープンでもプレーオフを制して優勝をしています。

今回の優勝を含めて2勝となる、ジェームズ・ハーンですが、けっこう好きな選手ですね。なんだか憎めない雰囲気がある選手ですし、愛嬌がありますね。

スポンサーリンク
 

 

ジェームズ・ハーン プロフィール

  • ジェームズ・ハーン
  • 1981年11月2日生まれ
  • 韓国出身・アメリカ国籍
  • 使用クラブ : PXG( パーソンズエクストリームゴルフ )

 

ウェルズファーゴ選手権 概要

  • 開催期間 : 2016年5月5日~2016年5月8日
  • 開催ゴルフ場 : クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)
  • 賞金総額 : $7,300,000
  • 優勝賞金 : $1,314,000
  • FedExCup Points : 500

優勝賞金を日本円に換算すると・・・約140,598,000円となります。

 

ジェームズ・ハーンのスイング分析

動画にはジェームズ・ハーンとジャスティン・ローズのスイングをスローモーションで分析しています。なかなか見応えがありますね。背中と腰の動きがスゴイですね。

 

ダンスをするジェームズ・ハーン

2013年のウェイストマネジメントのPAR3でバーディーを獲り、嬉しさのあまりか両腕をクロスして不思議な踊りを披露します。ウェイストマネジメントは、観客席がスタジアムのようになっているコースですね。ウェイストマネジメントだから許されるダンスだったかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

 

ジェームズ・ハーン 使用クラブ

ジェームズ・ハーンが使用しているクラブはPXGです。PXG は Parsons Xtreme Golf (パーソンズエクストリームゴルフ)の略です。母体は、ドメイン・レンタルサーバーなどのサービスを展開しているGoDaddy社です。その企業の創立者が、どんなにお金を掛けても良いから自分に合ったゴルフクラブを作りたいということから始まったとか。

今現在は、ザック・ジョンソン、ビリー・ホーシェル、ライアン・ムーア、クリス・カークなどがPXGに所属しています。新しいゴルフ・ブランドですから、これからの進化が楽しみですね。

  • Driver: PXG 0811X Prototype (Aldila Rogue Max 65TX shaft), 9 degrees
  • 3-wood: PXG 0341 (Aldila NV 2KXV 80X shaft), 15 degrees
  • Hybrid: PXG 0317 (Aldila NV 2KXV 85X shaft), 17 degrees
  • Irons: PXG 0311T (3-iron; Aldila Rogue 110X shaft), (4-9; True Temper Project X LZ 6.5 shafts)
  • Wedges: PXG 0311T Milled (47 degrees; True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue shaft), Titleist Vokey SM5 (54-10S degrees; True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue shaft), Titleist Vokey Prototype (60J degrees; True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue shaft)
  • Putter: Odyssey Works 2-Ball
  • Ball: Titleist Pro V1x

Winner’s bag: James Hahn, Wells Fargo Championship

 

ジェームズ・ハーンの飛距離やヘッドスピードなど

PGAツアーサイトよりSTATSを確認すると下記の通りとなります

  • DRIVING DISTANCE : 292.4
  • CLUB HEAD SPEED(ヘッドスピード) : 113.23
  • SMASH FACTOR(ミート率) : 1.487 / 1.527 / 1.449

 

CLUB HEAD SPEEDは参る表記となっていますので、m/sに換算します。

  • ヘッドスピード : 50.6182m/s

 

ヘッドスピードが判ればボールスピードも計算できます。

  • ボールスピード : 75.269m/s

 

まとめると、下記の通りとなります

  • ドライビングディスタンス : 292.4ヤード
  • ヘッドスピード : 50.6182m/s
  • ボールスピード : 75.269m/s
  • ミート率 : 1.487

 

ジェームズ・ハーンのこれからの活躍が楽しみですね。また、彼が使用しているゴルフクラブ PXG パーソンズエクストリームゴルフも気になりますね

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア