ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

ゴルフ アドレス グリップ などの基本から再確認

ラウンドばかりしていれば、自分のスイングは崩れてきます。アドレスも適正なアドレスが出来なくなっていることもありますし、グリップもいつの間にか自分が握りやすいグリップになってしまっていることもあります。

スポンサーリンク
 

ということで、基本から再確認をしています。

まずはグリップですね。
適切なグリップが出来たら、アドレス。
適切なアドレスが出来たらスイングですね。

ひとまずは、基本に戻るということから、グリップとアドレスをしっかりと見直していきます。とても基本的なことですが、基本的なことだからこそ、もういちど確認をしていきます。

適切なグリップ

グリップは、オーバーラッピング、インターロッキングなどのグリップがありますが、私はインターロッキングです。インターロッキングでのグリップは右手の自由度を抑えてくれるように感じます。

オーバーラッピングは、左手に右手を被せるような形となるので、右手の挙動が伝わり難いとは思うのですが、右手が自由に動きやすいという感じがします。右手の挙動が伝わり難いけど、右手が自由になりやすいので、右手で操作をしようとしてしまうように感じます。故にインターロッキングの方が右手の自由度を押さえつけて、尚且つ右手で操作をしようとする挙動も抑えてくれるような気がします。

グリップに関しては、私の場合はグリップエンド側が緩んでしまうという症状に悩まされています。小指にチカラが入りきっていない、ピッコログリップと呼ばれるミスショットを誘発させるという、悪いグリップの根源です。といって、悪いのは自分がグリップの仕方が、いい加減だからです。

グリップが緩むと、グリップを強く握るぞというか締めるぞという気持ちが強くなってしまい、グリップ圧が強くなり、クラブフェイスが閉じて、カット打ちのようになり、スライス・・・ということだろうと推測しています。ここまで、自分で判っていて修正できないのが、なんとも悩ましいところ。

グリップとはゴルフクラブを握ることなのですが、簡単なことなのですが、スイングのエネルギーを腕から手に伝えて、そしてグリップを通してシャフトに伝わり、クラブヘッドに伝わる分けですから、グリップとはゴルフスイングの源流みたいなものですね。だからグリップが適正じゃなければ、適正なゴルフスイングは出来ないということです。

グリップはこれから見直しをかけて適正なグリップができるようにしていきます。

スポンサーリンク
 

美しいアドレス

アドレスは構えですね。適正なスイングをするには、適正な姿勢(アドレス)になっていなければいけませんので、アドレスはとても大切です。ということが判っていながらも、いい加減なアドレスをしてしまっていることがありますし、いい加減なアドレスをしているということに気付かないこともあります。

お上手な人がアドレスをすると、なんだか安定感があって、カッコイイな~と思うことがありますが、美しいアドレスをしているのだろうと思いますし、姿勢が良いですね。

ゴルフの神はアドレスに宿るという言葉があります。
中部銀次郎さんの言葉です。

アドレスに宿るゴルフの神とは、どのような意味が含まれているのかは、ここでは追求はしませんが、アドレスというのは、とても大切な動作であることが窺えます。

中部銀次郎さんは、殆どのアマチュアゴルファーはアドレス、グリップで修正できるショットの悩みが多いというようなことを書籍でも書いています。

アドレスでは、お尻を突き出すとか、肩幅くらいに足を広げるとか、色々な説があります。どれも正しいことを言っています。ただ、言葉が端的なだけで、アドレス全体の1部分だけを表現してしまっているので、分かり難くなっているのだろうと思います。

アドレスで大切なのは、ゴルフスイングで必要となる捻転と回転運動がしやすいアドレス(姿勢)にすることだと思います。そして、スクエアな立ち方。1度、間違えて憶えてしまうと大変なことになってしまうので、ゴルフレッスンの先生に診てもらいながら調整をしていきます。

ドライバーショットでのボール位置

とくにティーショットでアドレスに入る時なのですが、慣れてくるとボールをティーアップして、ボールの位置をあまり確認することなくアドレスしてしまうことがあります。

丁寧なアドレスをするというよりは、ドライバーのフェイス面がどのような向きでボールにヒットすのかを確認したり、ボールのティーアップの高さなどだけを確認してしまっている自分が居ました。

ボールが左足踵線上に置いてあるのか、それとも左足の踵よりも内側にボールが置かれているのかという、ボールの位置のことをあまり確認していなかったように思います。

アドレスをするごとにボールの位置が左足踵線上だったり、もう少し右側よりだったりというボールの位置にバラつきがあったから、ティーショットでの弾道のバラつきがあったのだろうと考えています。常に同じアドレス、同じ位置にボールを置いてアドレスができるようにしていきます。

なんだか色々と修正をしなければいけないところが、たくさん見つかってきました。ドライバーで飛ばすとか、ベタピンを狙うとか、そんなことを考える前に色々としなければいけないことが沢山ありますね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 

その他、グリップ、アイアンショットのボールの位置のこと、アイアンでターフをとることなどの記事もありますので、併せて読んでみてください。

スポンサーリンク
 
SNS シェア