CONTENTS MENU
 

ゴルフ は 凡事徹底

ゴルフは凡事徹底(ぼんじてってい)だと再認識しました。

たまたま、松下幸之助さんの書籍を読む機会があったのですが、そこに書かれていたことは凡事徹底のことでした。凡事徹底とは凡事である、何でもない、簡単なことをしっかりと行うことです。松下幸之助さんは経営者でありゴルファーではありませんが、凡事徹底はゴルフにも通じるものがあると感じました。

経営の神様と呼ばれる松下幸之助さんは、取引先の企業が売り上がっているのか、どうかを直ぐに見極めることが出来たと言われています。それも、たった簡単な3つのことを確認するだけで把握ができたと言われています。

その3つとは
(1) 従業員の挨拶が出来ているか
(2) 整理整頓が出来ているか
(3) トイレの掃除は出来ているか

たった、これだけです。
とても基本的で簡単です。
まさしく凡事です。

ですが、この3つはとても大きな意味を持っており、この3つは企業、店舗に関わらずとても大切なことです。

(1) 従業員の挨拶

挨拶は相手に心を開くということを意味しています。それは、人としてのコミュニケーションの始まりであり、人と人との関係の始まりです。同じ会社で同じオフィスで仕事をするのに挨拶もしないということは考えられません。

挨拶をしないのであれば、コミュニケーションも取れていないということになります。報告、連絡、相談が全く出来ていないということになってしまいます。

 

(2) 整理整頓

仕事のし易さを考えると整理整頓は大切です。どこに書類があるのか、どこに何があるのかが判らない状態では仕事は出来ません。また、デスクが散らかっていたら、仕事すら出来ません。

必要なものを必要な時に取り出させないという煩雑さは仕事そのものも煩雑であろうと考えられます。

整理整頓されていれば、必要なもの、不要なものとの区別がされており、簡素化され、仕事もスムーズに行えます。

 

(3) トイレの掃除

トイレの掃除を徹底する意味としては、清潔さを保つこと。汚い場所であっても、美しく、綺麗に、清潔に保つということで、トイレを使う人を思いやる気持ち、配慮が窺えます。

不衛生さを感じさせない努力は、自分の心も美しくさせるということだろうと思います。

 

挨拶、整理整頓、トイレの清掃という当たり前で、簡単なことをしっかりと行えている企業は伸びるだろうというのが、松下幸之助さんの考えです。たしかに、企業としては大切なことであり、簡単で何でもないようなことでもしっかりと励行することが出来れば、難しいことも出来るはずです。企業として、会社として、お金儲けのことばかりではなく、当たり前で本的なことをしっかりと行うことの大切を説いています。

 

野球のイチロー選手も凡事徹底

誰もが知っている野球のイチロー選手ですが、彼も当たり前で基本的なことを続けてきたひとりです。

寝る前には1日10分間の素振りを毎日していたとのこと。
それを365日 1年間続けていたとのことです。

素振りという基本的な動作、練習を短い時間ですが長く続けてきたことで、それ以上のスイングができるようになったのだろうと思います。

イチロー選手は野球選手ですが、素振りというのはゴルフにも通じるものがあり、ゴルフでも基本となる素振りをするということは、とても良いことなんだろうと気付かせてくれます。

 

ゴルフも凡時徹底

ゴルフというスポーツも凡時徹底(ぼんじてってい)という言葉があてはまります。当たり前で基本的なことをしっかりと行うことでミスショットを防ぐことが出来ます。ミスショットが防げるということは、良いスコアでラウンドが出来るという確立も高まってきます。

アドレスの仕方、グリップの仕方、テイクバックの仕方などなど・・・ラウンドをこなしていると、おろそかになってしまうことは多くあります。アドレスをしたらショットの内容は決まると言われるほど、アドレスは重要です。

アドレスをするという動作にはゴルフスイング、ゴルフショットにとって必要不可欠な要素がたくさん詰め込まれています。それらを忘れてしまって、おろそかにしないこと。

ゴルフ場では、ついつい自分の目の前のショットだけにとらわれてしまって、グリーンに絶対に乗せたいとか、もっと寄せたいとか、ウッドで飛距離を縮めておきたいという気持ちばかりが専攻してしまい、はやる気持ちを抑えることが出来ずに、適切なスイングすら出来なくなってしまうことすらあります。

とくにゴルフではショットをした後に気付くことが多いです。

グリーンを狙って打ったショットが距離が足らなかったら・・・しまった風がアゲンストだったとか、グリーンをこぼしたら、実はアドレスそのものがスクエアじゃなかったとか・・・打ってから気付くのでなく、打つ前に気付くこと。

どれほど簡単で慣れたことでも徹底することが大切だと再認識しました。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア