CONTENTS MENU
 

ゴルフ場だとボールを見てなくても打ててしまう

ゴルフに慣れてくると、とんでもなく複雑なことがラウンド中にできてしまうこともあります。例えば、ボールを見続けなくても打てるとか。ラウンド中のショットというのは、ボールを見てないことが多いように感じます。いえ、見えてないというのが正解かもしれません。

スポンサーリンク
 

ボールを見て打つ

ボールを見なければ、適切なアドレス、的確なショットはできないのですが、スイングをしている時にボールは視界から消えてしまいます。もともと、私はボールを凝視するタイプではありませんが、アドレスをする時はボールを見ます。ボールを見なければ、クラブをセットすることができませんから。ですが、スイングをするときは、ボールを見るといっても、凝視していません。ぼんやり見ているというか、視点を少し外しています。

そして、ショットすると・・・ボールが視界から無くなります。

ボールが視界から消えるというか、見てないのだろうと思います。自分のことなのに説明ができないのですが・・・ヘッドアップをしている訳ではありません。

練習場で打っている時は、ボールをよく見ている傾向があります。そして、クラブがボールに近づくというか、コンタクトする瞬間も見えたりします。最近は、白ヘッドのドライバーが当たり前となり、白ヘッドのドライバーだと自分のアウトサイドインの軌道がよく見えるなと思うこともありました。

実際のラウンドでのショットでボールが視界から消える

ラウンド時のショットでボールが視界から消えるのは、自分の身体の動きに意識が周っているからだろうと思います。肩の回転、股関節に乗っているのか、脚が踏ん張っているか、トップスイングの高さは適切かなどなど、スイングをしている時に自分の身体の動きを意識しているから、視界からボールが消えてしまうのではないだろうかと思います。

または、本当にヘッドアップしているのかもしれません。実際のところ視界からボールが消えてしまったときの方がナイスショットしていることが多いです。

打った自分が、あれ? って、思うほどに良い当たりで打てることもあります。実は、あれ? って思うというのは少し不安があったりすることもあるのですが、まずまずな弾道で飛んでくれていることが多いです。

ボールを見続けるというのは、頭を残すという意味があります。ですが、クラブヘッドがボールを目がけて振り下ろされてくるから、ボールを見るという意味もあります。スイング中は、ボールを見ようとしているから、頭が早く上がることもなく、頭が残っています。アドレスの時と同じ位置に頭が置かれています。ですが、スイング中は視界からはボールが無くなっています。

ベン・ホーガンも見えてなかった

ハービー・ペニック氏のレッド・ブックには、ヒントとなるようなことが書かれています。プロゴルファーでもボールを凝視している人は少ない。ベン・ホーガンも「ダウンスイングのときにはボールを見失ってしまう」と言っていたと書かれています。ベン・ホーガンもボールが視界から消えていたんでしょうね。

アドレスをしている時にはボールは見えている。テイクバックでもボールは見えている。トップスイングがつくられて、ダウンスイングが始まると・・・ボールが視界から消えてしまう・・・つまり見てない。視界に入っているのだろうけど、自分の身体の動作に気を取られてしまって、ボールが見えていることに気付いてないだけなのかもしれません。

ゴルファーとは、なんとも不思議な感覚のなかでスポーツをしているんだということを再認識しました。また、こういったことは言葉で説明するのが難しい感覚の世界ですから、ますます難しさを感じます。

スムーズにボールを打ち抜いていけるかどうかは、この感覚の有無に左右されているようにも感じます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア