GDO運営のゴルフスクール GOLFTEC
CONTENTS MENU
 

ゴルフ上達の近道は無い There is no royal road to Golf

連日ラウンドが続いており、久しぶりに色々と課題が見えてきました。ですが、どのようにその課題をクリアーしていくのか、どのような練習をすれば良いのか見つからない状況にあり、悶々としています。なかなか、レギュレーション通りのゴルフをするというのは難しいですね。本当に難しいです。悶々としたラウンドが続いておりますが、なかなか思い通りにいかないですね。誰かに何かを言われて修正をするよりは、自分で何がいけなかったのかを分析して、ウィークポイントを見つけ出して、修正をするということが大切ですね。もちろん、ゴルフスイングに関する問題はゴルフレッスンの先生の助言が必要となりますが。今はスイングとかじゃないような気がします。

最近のラウンドで再認識したことをまとめました。

備忘録です。

スポンサーリンク
 

 

3打目勝負

私は飛距離が出ないので、PAR4 ミドルホールでも2オンが出来ない事が多いです。ですから、3打目のアプローチ勝負となります。寄せて、なんとかしてパーを拾うというゴルフです。パーを獲る という感じのゴルフではありませんね。はじめから3打目勝負になるということが判っている場合は、得意な距離を残して3打目を打つという場合もあります。活字にするのは簡単ですが、得意な距離を残そうと思っていても、飛びすぎたり、または短すぎて大きく距離を残してしまうことも多々あります。

PAR4 ミドルホールでも2オンが出来ないからと諦めてはいません。ドライバーの当たりが良くて、セカンドのウッドも当たってくれれば、2オンすることが出来ます。この確率がもう少し高くなれば、パーチャンスが増えてくるのではないだろうかと考えていますが、その考えが甘いのかもしれません。ドライバーとセカンドでのウッドの当たりが良い時なんて、しょっちゅう出るわけではありませんが、その確率を高めるのは自分の課題であると考えています。

 

グリーンをこぼした と グリーンを外した

セカンドショットでウッドを使ってグリーンを狙う場合には、やはりアイアンよりも精度が悪くなりますから、グリーンをこぼした・・・というよりは、グリーンを外したというショットが増えてきます。「グリーンをこぼした」 と 「グリーンを外した」 では大きく違います。グリーンをこぼした は パターで凌げることもあります。グリーンを外した場合は、難しいアプローチが残ることもあります。出来る限りボールをグリーンに近づけておきたいというのは、難しいアプローチを打たなければいけないかもしれないという不安があるからなのかもしれません。グリーンを外しても良い場所と悪い場所というのがありますが、その見極めが甘いように感じます。セカンドショットのウッドの精度をもう少し高めていきたいですね。

意外にフェアウェイウッドというのはボールが上がりやすいので、グリーンを捉えた時にボールが止まりやすいと感じています。特には7番ウッドは、アイアンよりもボールが止まりやすいですね。さすがに3番ウッドなどを使ってグリーンでボールを止めるということは出来ませんが。

右に行ったり、左に行ったりしながらも何とかグリーンの方へ近づけられれば何とかなる。あとはグリーン周りで、行ってはいけないところを見極める事がまだ出来ていない感じがします。砲台グリーンのホールはグリーン手前にバンカーがあり、そしてグリーン奥に行くと深い窪みになっておりボールが出しにくい形状となっています。グリーンを外しても、難しくない場所へ外す事と、グリーン周りの微妙なアンジュレーション、窪み、起伏などの見極めが甘いのかもしれないと感じています。

いえ、というよりもラウンド中は他の事で頭がいっぱいになっていて、グリーン周りの起伏や形状を把握出来ていないだけでしょうね。

 

フェアウェイキープが絶対じゃない

飛ばせば良い訳でも無いし、絶対にフェアウェイキープが良いという訳でも無いですね。時にはフェアウェイを外した方がグリーン方向へ打ちやすいようなホールもあります。フェアウェイキープしたと思っても、それがコースの特徴というかトラップだったりすることもあります。ティーグラウンドがフェアウェイキープをしやすい方向に向いている事もあり、実は自分の実力じゃなかったりすることもあります。フェアウェイキープをしたから安心という訳ではないということですね。次のショットが打ちやすいかどうかが大切ですね。

フェアウェイキープをしても、芝生が剥がれてしまったディボットに捉まっていたりすることもあります。6インチ・プレースなんてありませんから、そのまま打つしかありません。ディボットに捉まった時はラフの方が良かったなと思ったりもします。

 

グリーンを狙うのが絶対じゃない

グリーンをわざと外した方が良いホールもあります。グリーンの奥行きが無くて、左右に広くて横長のグリーンがあります。グリーン奥は窪地とバンカーがあります。果敢にグリーンを狙った結果、奥のバンカーに捉まる。バンカーから脱出するもボールは止まらずにグリーンをこぼれてしまう・・・というトラップがあるわけです。

ですから、最初からグリーンに右側のラフにボールを運ぶことで、3打目はグリーンを縦長に捉えてアプローチをすることが出来ますから、実は優しいアプローチとなります。こういった考え方は出来ているんですけどね、それでも甘い考えがあるのかもしれませんね。

グリーンが大きなマウンドがあったり傾斜がある場合なんかもグリーンを狙うよりは、わざと外しておいてアプローチで寄せたほうが好結果のこともあります。グリーンのマウンドや傾斜によりパッティングが難しくなります。ならば、アプローチのボールの勢いを利用して、マウンドや傾斜に流されずに寄せていくという考えもあります。

スポンサーリンク
 

 

スコア優先か、見栄優先か

そういえば、以前にホームコースの競技で組み合わせになった同伴者のゴルファーが、PAR3 180ヤードの池とバンカーが配置されたホールが苦手で、ティーショットをピッチングで打ちました。そして、2打目もピッチングで寄せてパーを拾ってましたね。相当に苦手意識があったんだろうなと思います。

最初は何をしているのかな?と思ったのですが・・・。それでも、パーを獲ってくるのであれば大したもんですよね。苦手意識があるから、最初からボギーでOKという気持ちだったのかもしれませんし、刻んでいけばパーは獲れると考えていたのかもしれません。この場合はパーを獲った という言葉が似合うのだろうか、パーを拾ったになるのだろうか・・・。

PAR3 180ヤードのホールをピッチングウェッジでティーショットをした人からは、ティーショットで最初から飛ばすだけがゴルフじゃないということを教えてもらった気がしました。そして、苦手意識があるという自己分析が出来ているということがスゴイですね。つまり、自分の事を知っている、自分の気持ちを抑制しているとも言えるかもしれませんね。冷静ですね。

PAR3 180ヤードのホールをピッチングウェッジでティーショットするのはカッコ悪いですか? 見た目はカッコ悪いですよね。せめて5番アイアンとか、ユーティリティーくらいで打っておけよとか思われるのかもしれませんが、ゴルフはあがってなんぼですからね。スコアが大事です。ゴルフ終った後に、「 あそこのPAR3でピッチングウェッジで刻んだよね? 」 なんて言う人は居ませんからね。結果的にはスコアであり、数字が大切です。ゴルファーであればスコアが重要ですし、スコアを競うスポーツです。とくに競技であれば、ネットでアンダーが出れば、大きくハンディキャップが改定されることもありますから必死なんですよね。

PAR3で刻む方が実は勇気が必要なんですよね。ちょっとした勇気がスコアに反映されるのであれば、その勇気は自分のゴルフを良い流れにしてくれているということでしょうね。自信が無いけど、OB覚悟してドライバーをフルスイングする勇気とは全く持って正反対の勇気ですね。

 

ゴルフ場でナイスショットは少ない

基本的にゴルフ場でナイスショットは少ないですね。ナイスショットが少ないというよりは、ナイスショットが無いのかもしれませんね。まぐれでチップインバーディーなんてものが獲れたりすることもありますが、殆どがミスショットの連続です。当たりが悪いです。当たりが悪いと打音も悪いし、打感も悪いし、気分も悪くなる訳です。その連続する「悪い」を抑制することが必要なのかもしれないと感じています。

練習場ではナイスショットは出ますが、ゴルフ場ではナイスショットは出ません。緊張していたり、慎重になっていたりしてストレス負荷が掛かっており、チカラが入ってしまっているから、スムーズなスイングが出来ていないのだろうと思います。練習場で打っているナイスショットの合い間にミスショットが出ますが、そのミスショットがゴルフ場で打つショットなんでしょうね。

ならば、ミスショットだけでゴルフを組み立てなければいけないのだろうかと考えています。

実際のところ、ドライバーはスライスかフック、セカンドショットのアイアンは左に引っ掛ける、ウッドはスライス少々、アプローチは距離が合わない、パターはスライス・・・これでゴルフを組み立てるしかないですね。当たりが悪くてもボールが曲がる方向をスライスならばスライスだけという一定の法則があれば良いのですが、右にも左にも行く場合は、なかなか難しいですね。

 

ゴルフの一部分だけに執着しない

ゴルフの一部分だけに執着しないというのは、ショットが悪いとか、当たりが悪いとか、アイアンが良くて、ドライバーが悪いとか・・・私もそういった事を考えたり、悩んだりすることはありました。ですが、これは大きな間違いであり、ゴルフのパーツ(部分)しか見えていないから、そういった悩みになるのだろうと気付きました。

ゴルフはティーグラウンドから打ち始めて、ボールはフェアウェイと呼ばれる芝生の上に置かれます。ときには、砂が溜められたバンカーに捉まることもあります。そして、グリーンにボールを乗せて、カップインをさせます。ですから、ティーグラウンドからカップインするまでのことを考えた方が、自分らしいゴルフが出来るのではないだろうかということに気付きました。ショットが悪くても当たりが悪くてもドライバーが悪くてもボールをグリーンまで運んでカップインさせることが出来れば、その打数を少なくするために何が必要かを考えていけば良いということになります。

例えばPAR380ヤードのミドルホールであれば、5番アイアン160ヤードを2回とウェッジで60ヤード打てばグリーンにボールを乗せられます。ですが、1打でも打ち損なってしまうと、5番アイアン160ヤードを2回とウェッジで60ヤードだけではグリーンまでに届きませんから、4打目が必要になってきます。4打目が必要になってくると、ボギーどころかダブルボギーの可能性が高くなってきます。ですから、380ヤードのミドルホールでティーショットを5番アイアンで打つのは現実的ではありません。もう少し飛ぶクラブで打つことを考えて、グリーンにボールを近づけられるようなティーショットを考えます。

実際に河川敷のゴルフ場で、この考えに近いことをやったことがあります。PAR5 480ヤードのホールで5番アイアン以下のみしか使用できないというローカル・ルール下で、5番アイアンを3回打てばグリーンまでボールを運ぶことが出来ます。ただ、1打でも打ち損なってしまってミスをしてしまうと、5番アイアンを3回打って届いたはずが、4打目のアプローチが必要になってしまうこともあります。だけど、4打目のアプローチがカップに寄ってくれれば、1パットでパーを獲ることが出来るかもしれません。

ひとつのミスショットや調子の悪さに執着をするのではなくて、全体的な流れを頭の中でイメージが出来れば、自分のゴルフを組み立て方るためのヒントを見つけられるような気がします。

色々と課題があります。

なんだか悶々としていますが頑張ります。

ゴルフ上達の近道は無い( There is no royal road to Golf )という言葉がありますが、本当にその通りなのかもしれませんね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア