ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイング 打ち急ぎを治す

アイアンがダフってばかりいたので、ゴルフレッスンの先生に相談をしたところ、アイアンのダフりの原因は、打ち急ぎのようでした。やっぱりか・・・という感じでした。

スポンサーリンク
 

打ち急ぎ という ゴルフスイングを追求していくと色々なことが判ってきます。打ち急ぎをスイングと呼べるのかは判りませんが・・・。打ち急ぎを治すには、打ち急ぎを知るということが大切だと思いました。打ち急ぎがどのような動作を意味しているのか知っていなければ治すことが出来ません。

打ち急ぎとは、よく使われる言葉ですが、どのようなことをすると打ち急ぎになるのかが、自分の頭の中で明確になっていなかったりすることもあります。打ち急ぎは、リズムが速い、テンポが速いという言葉だけでは説明できない複雑さがあります。スイングが早いことが打ち急ぎ? でも、プロゴルファーは凄く早いスイングです。

打ち急ぎを説明するには2通りある?

打ち急ぎは、テイクバックを始めて、バックスイングでトップが作られて、スイングが出来る状態になる前にスイングをしてしまうこと。 つまり、しっかりと捻転が出来ていない(タメが作られていない)のに、手(腕)だけでクラブを下ろそうとする動作のこと。手打ちになってしまうということですね。下半身(足)を使って小さなスイング、ハーフスイングを練習することが大切とのこと。

ですが、ゴルフレッスンの先生は打ち急ぎには、もうひとつあると言っていました。

それは、バックスイングをし、トップを作り(タメを作り)、スイングを開始すると同時に、ゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうことも、打ち急ぎであると説明をしていました。

私の場合は、ゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうとコックが解けるのも早くなる傾向にあるようです。コックが早く解けてしまいボールの手前でダフってしまうということです。

複雑な説明で頭の中がゴチャゴチャになってきますので、まとめてみます。

スポンサーリンク
 

【 パターン1 】
しっかりと捻転できていないのに手(腕)だけでクラブを下ろしてくること
もともと手(腕)でクラブを持ち上げているだけ
 
【 パターン2 】
ゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうこと
捻転が出来ていても下半身よりも手(腕)が先に動作する

 

どちらも、結局は手打ちになるということですが、原因となる動作が少し異なるようです。何度、説明を聞いてもしっかりと把握が出来なかったというか、完全に理解しきっていない自分が未熟だなと思いました。

【 パターン1 】のしっかりと捻転できていないのに手(腕)だけでクラブを下ろしてくるというのは、そもそも手(腕)だけでクラブを持ち上げていることが多いとのこと。もともと下半身も使っていないし、身体の捻転もあまりしていないので、手(腕)だけでスイングをしてしまっている状態であるとのこと。

【 パターン2 】のゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうというのは、まずまず捻転が出来ているのだけど、ゴルフクラブを下ろしてくる動作のきっかけを手(腕)から始めている可能性があるとのこと。ゴルフクラブの重みで自然とゴルフクラブが下りてくる訳ではなく、手(腕)で操作をしている。だから、ボールの手前でダフってしまうとのこと。良い捻転が出来ても、手(腕)でクラブを下ろそうとしているので、せっかく捻転で生まれたパワーを台無しにしまっているようです。

ショートアイアンなどは多少のチカラが入っても大きなミスにはなりにくいようです。クラブの重みが手(腕)のチカラを打ち消してくれるようです。ですが、シャフトの長いクラブなどはそういうわけにはいかないようです。

スポンサーリンク  

打ち急ぎを防ぐスイング

ゆっくりとバックスイングをすることと、ゴルフクラブを下ろしてくる動作、ダウンスイングもゆっくりにするということに気をつけること。アドレスをしてゴルフクラブを持った腕と胸は常に一緒に捻転するというか、回転させるようにする。手(腕)だけが先にバックスイングをしたり、手(腕)だけが先に下りてくることは無い。常に胸の前に手元があるような感覚を見に付けること。胸が真正面を向いているのに、手元だけが右側上方に来るというのは、既に手(腕)だけでクラブを持ち上げていることになる。

身体を捻転(回転)させて、肩が入ることで自然と腕が持ち上がり、コックしながらクラブが持ち上げるようにすることを再認識すること。

このあたりを注意をするようにと言われました。

ですが、言葉で説明をするのは難しいですね。ゴルフスイングは本当に複雑ですし、説明する言葉が少し違うだけで、全く別の意味になってしまうこともあります。

その他の原因

実際のラウンドで自分のボールがある場所まで、走っていったり、早歩きしたり、息切れをしていたりすると、スイングは早くなってしまうようです。急ごうという気持ちが、自然と身体全体が急いでしまい、打ち急ぎになってしまうとのこと。

結局は、自分の気持ちが根本的な問題のようです。

ナイスショットは出来るのだけど、飛ばしたい、グリーンに乗せたい、アイアンで飛距離を稼ぎたいという気持ちが、素直に身体が受け止めて、チカラが入ってしまっているようです。とくに飛ばしたいと思うときには、潜在的にスイングを早くしたほうが良いと思ってしまうからか、手(腕)だけでスイングをしてしまうようです。

自分がミスショットをするときのスイングを細かく分析して、追求をしていくと、どの箇所がいけないのかが明確になってきます。単純に打ち急ぎ、ダフる・・・という言葉を頭の中で考えても、その原因を掴むことは出来ません。ミスショットするときのスイングを知ることも上達への近道かもしれないですね。

スポンサーリンク
 

最大の欠点

打ち急ぎの最大の欠点は・・・捻転不足です。

私の場合は捻転不足です。

捻転させて、トップスイングを作ろうとはするのですが、どうしても捻転差を我慢することが出来ずに、元の位置(アドレス)に戻りたくなってしまい、急いで打とうとしてしまっているのです。捻転を我慢するには、やはり強い体幹、腹筋、下半身(脚力)が必要となります。スイング理論ばかりじゃなく、トレーニングもしっかりと継続をしていこうと思います。

※上述したことは、あくまでも私のゴルフスイングをレッスンの先生に診てもらって直してもらうということが大前提ですので、万人に向く内容ではないかもしれませんので、ご注意ください。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア