ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

ゴルフシューズは良いものを履いていたい

ゴルフをするうえでゴルフシューズは必需品であり、かなり大切なんですよね。とくに歩きゴルフをしているときには、ゴルフシューズの性能が活きているなと感じることが多々あります。ゴルフシューズの性能が活かされていると感じるというのは脚が疲れ難いとか、脚の痛みを和らげてくれるということです。

スポンサーリンク
 

 

河川敷のゴルフ場は歩きゴルフが基本で全長が5,400ヤード程あるのですが、実際に歩いてみると5,400ヤード以上は歩いていますからね。7キロ以上は歩いていると思います。となると、それなりに足腰に負担が掛かります。その負担を軽減してくれるのがゴルフシューズです。最近のゴルフシューズはソールの性能がとても良くなったと思います。ソールの性能というか、ソールを形成している材質が良くなってきたんだろうと思います。

昔のゴルフシューズというのは、スポーツ用のシューズとは思えないようなスタイルでしたからね。鉄のスパイクが取り付けられており、見た目のデザインはビジネスシューズと変わらないようなスタイルでしたからね。スパイクと取ってしまえば、そのままお出かけ用の靴としても通用しそうな感じでしたからね。しかも革だったりもしますから、足が痛くて辛かったことを憶えています。

そういった昔のゴルフシューズと現代のゴルフシューズを比べると、やはり現代のゴルフシューズの方がソフト感がありますね。材質もソフト、見た目もスポーツシューズっぽくなりましたし、長時間履き続けて足の指が痛くなるということが少ないです。

ゴルフシューズを選ぶポイントは、やはり自分の足にフィットするかどうかというところでしょうね。ゴルフというスポーツは時間を要します。1ラウンド4時間以上かかることもあります。その時間はゴルフシューズを履き続けなければいけません。途中で靴ズレなんかして足が痛くなったら、スイングでの踏ん張りが弱まったりしてしまいますからね。足元は大切です。ゴルフシューズを履いて1ラウンドをするとなると、ゴルフシューズ選びにも真剣になるものです。

ゴルフシューズ選びのポイントとしてはスパイクレスですね。そして、ゴルフシューズが劣化してきたら、ゴルフ練習場でも履けそうなタイプが良いなと思っています。履かなくなったら捨ててしまうのではなく出来る限り活用したいですからね。

 

Nike Lunar Control 4 Golf Shoes – Rory McIlroy Teaser

ちなみにナイキは新しいゴルフシューズ ルナ コントロール4 を発表するみたいですね。どうやら、ローリー・マキロイからの要望を取り入れたゴルフシューズになっているみたいですね。

高額なゴルフシューズが良いという訳ではないし、価格が安ければ良いというわけでもありませんからね。自分の足にフィットする不快感の無いゴルフシューズ選びをしたいですね。

ゴルフシューズは2足、3足くらいはあると良いのかなと思っています。1足で十分だという人も居るかもしれませんが。2日連続でゴルフとかはゴルフシューズがくたびれてしまうので、別のゴルフシューズを履いてゴルフをするということをしたりしますので、複数持っていると便利かなと。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア