ゴルフクラブ選びの真実

私も年齢が40代半ばを過ぎつつあり、そろそろ50歳になろうとしています。少しずつですが、体力の衰えを感じています。自分では、一生懸命に泳いだり、歩いたりなんかしているのですが、そんな運動量では加齢からくる老化を止めることは出来ないようです。

スポンサー広告

昔のドライバーを引っ張り出してきては、昔は打てたのに今は打てない・・・と感じることがあります。練習場で重いドライバーを振りながら、ミスショットを繰り返しながら、やっとナイスショットが打てるというような感じです。もう、重いクラブは振れないのかな・・・と思うときもあります。ただ、ゴルフレッスンの先生は、諦めずに出来る限り重いクラブを振るようにした方が、振るという動作 の劣化を食い止めることが出来ると言っていました。スイングが良くなる、スイングを維持できるとは言っていませんでした。

ハーヴィー・ペニックの書籍には、ある程度の年齢になったゴルファーのクラブ選びに対するアドバイスが書かれています。これが、悲しいかな・・・とても参考になります。

シャフトのフレックスに関すること

シャフトは柔らかいシャフトを使う方が良い。若い頃に、Sシャフトを使っていたのなら、Rシャフトを使う。Rシャフトを使っていたのならAシャフトを使うと良い。硬いシャフトは使いこなせない・・・というようなことが書かれています。

シャフトの硬度に関しては既に痛感しています。Sフレックスというシャフトは重いし、硬いし、撓らない・・・そう感じています。メーカーによってもフレックス表記と実際のシャフトの挙動というのは異なってきますので、実際に振ってみないと判らないというのが正直なところです。

シャフトの長さに関して

飛距離アップを追求して、シャフトの長いクラブに替えるのは良くないと思いますと書かれています。理由はスイングプレーンがアップライトからフラットへと大きな変化を引き起こすからとのこと。

たしかにシャフトを長くして、長尺と呼ばれる46インチ、46.5インチ、47インチなどのドライバーを使うとアップライトな軌道ではなく、どちらかというフラットな軌道となります。フラットになるというか、フラットにしなければ振り回せません。そして、フラットなスイングは大きな身体の回転が必要となり、それが難しいからと書かれています。

つまり、長いシャフトのドライバーを使い始めるとスイングプレーンがフラットになる。フラットに振ろうとする場合には、身体の横回転が大きく必要となってくる。その身体の回転が、今の自分の柔軟性では無理であろうということを説明しています。

では、どうするのか・・・ソリッドに打てれば、十分に飛距離は出せる・・・と書かれています。ソリッドに・・・という言葉はハーヴィー・ペニックの書籍文中に何度か登場する言葉です。

スポンサー広告

ソリッドに打つ

ソリッドに打つ・・・その言葉の意味はアイアンショットであれば、ボールに直接コンタクトをするという意味なのだろうと思います。ドライバーであれば、適切なスイングプレーンによって、ドライバーのヘッドが上に向かっていくときにフェースの真ん中でボールにコンタクトするという意味なのかもしれません。アウトから入ったり、インから入ったり、フラットで打つのではなくて、適切なスイング軌道でアッパーでボールを打つということを意味しているように感じます。そのためには、ハーヴィー・ペニック氏が言うようにフラットなスイングプレーンではなく、アップライトな軌道の方がスイングの最下点を過ぎた後にボールを打つことが出来るという想像が出来ますが・・・これが本当にソリッドに打つ という言葉の意味なのかどうかは、まだ私には理解できていないというのが正直なところです。

日々、精進
がんばります

スポンサー広告
 

その他、関連記事があります

ハーヴィー・ペニックからヒントを得た記事