ゴルフは自信が無い時に緊張することが多い

ゴルフというのは、本当に些細なことに左右されるスポーツだということを実感しています。それは、ゴルフ技術じゃないところで左右されてしまっているように感じます。つまり、ゴルフが下手だからとか、うまく打てないというような技術的なことではなくて、自分の心が乱れてしまって、スコアも乱れてしまうということが多いです。そもそも、ゴルフというのは、そういったものなのかもしれませんが。

先日のラウンドでは、寒くなってきたので身体の動きが鈍くなっているのかと思ったことがありました。何故か、アドレスが気持ち悪いと感じることが多かったのです。ですが、今思い起こしてみると、自分が緊張していたのだろうと思います。それは、同伴者に見られているから緊張してしまうのではなくて、自分に自信が無かったから緊張しているということに気付きました。

自信が無いときの緊張というのを考えてみました。

スポンサー広告

 

ミスする前からミスをしている

自分としては、このまま打つと何だかミスしそうだなと思っていても、仕切り直すことなく打ってしまうことがあります。その理由は周りに見られているからでしょうね。周りの人というのは、同伴者の人達です。同伴者に見られていると仕切り直せないというのは、同伴者に対して気を遣っているからでしょうね。または、見られているということを意識し過ぎてしまって、緊張しているのかもしれません。同伴者に自分がショットしているところを見ないで欲しいなんてことは言えませんし、そんな事例は聞いたことがありません。飛球線真後ろに立たれ場合は、移動してもらえませんかと伝えれば解決できます。

ティーグランドに立って、セットアップして、ボールの前でアドレスをしているにも関わらず、周りのことが気になっているということは、アドレスに集中できていません。その状態でショットをすればミスショットとなる可能性は高くなってきます。

ということは、周りのことが気になっている時点でミスをしているということになります。

 

自信の無い時は緊張する?

ゴルフというスポーツに慣れてくると、誰かに見られていても気にしなくなってきます。ただ、自信が無い時は、誰かに見られていると、緊張することが多いように感じます。それは、誰かに見られているから緊張しているのではなくて、自分に自信が無いから、ミスショットしてしまうかもしれない・・・皆の前で恥ずかしい思いをしてしまうかもしれない・・・というような恐怖とも言える不安を感じているからなのだと思います。

自信が無い時というのは、いつものゴルフ場で、いつものホールなのに、狭く感じてしまうことがあります。その理由は、自分に自信が無いからです。ティーグランドに立って、ホールを見渡してみると、広く感じる時と狭く感じる時があります。ゴルフ場の広さや狭さが、日によって違うなんてことはありませんし、ゴルフ場が自動的に伸縮をすることはありません。ティーグラウンドの位置が多少ですが、左右に移動したり、前後したりすることはありますから、ホール全体の見え方が違ってくることはあります。

 

スポンサー広告

 

いつもと同じホールなのに狭く感じるというのは、自分のショットに自信が無いからであり、大きなスライスをしたらどうしようとか、チーピンが出たらどうしようとか、マイナスなイメージばかりを考えてしまうことがあります。これも、きっと自信が無いからなのだろうと思います。または、ナイスショットが一発も打ててないので、不安の方が大きくなっているとも言えます。

ホールを見渡して、どうしようかな・・・ドライバーかな・・・チーピン出たら嫌だな、スプーンにしようかな・・・でも距離が出ないし・・・色々と考えて、迷って、結局はドライバーで打って、想定外のテンプラになってしまったとか、そういったことが時々あります。

あれだけ、練習しているのにテンプラか・・・と思ってしまうこともあります。

自信が無いから、ミスするかもしれないという不安があり、同伴者に見られているということが重なって緊張してしまうのだろうと思います。

 

自信を持つために

いつでも自信を持ってショットできるようになるには、やはり練習しかないのだろうと思います。コツコツと地道に今の自分にできることを、もっとブラッシュアップしていくしかないのだろうと思います。

どんな状況でも、どんな環境でも、ボールに的確にコンタクトできるようにならないといけないのだろうと思います。

自信を持ってショットする・・・言葉で表現するのは簡単ですが、それを具体的に実行できるようになるには、やはり相当な練習が必要なのだろうと思います。ですが、練習だけではなくて、実践(実戦)も大切です。実際に経験をしてみるということが、どれほど強い武器になるのかというのは、後から判ってきます。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください