ゴルフはインスピレーションが大切? 【 中部銀次郎 】

中部銀次郎さんの書籍にインスピレーションに逆らわないという文節があります。冒頭、いきなりインスプレーション 霊感 と書かれています。中部銀次郎のゴルフ ~(2)技之巻 に わかったと思うなの 内容が書かれていました。

スポンサー広告

霊感というと特殊能力のように感じます。

中部銀次郎さんの言っているインスピレーションというのは、ゴルフをしているときの予感とか直感みたいなものを意味していると思います。書籍にも書かれていますが、一発でパットが入ると思ったとか、逆に短い距離のパッティングなのに入りそうもないと感じていたりとか、そういった予感というか直感みたいなものをインスピレーションと言っているようです。

たしかにゴルフラウンド中のことを冷静に思い起こしてみると、インスピレーションかなと思うような場面があったりもします。このパッティングは一発で入るだろうと最初から思っていたと中部銀次郎さんの書籍にインスピレーションに逆らわないという文節があります。冒頭、いきなりインスプレーション 霊感 と書かれています。中部銀次郎のゴルフ ~(2)技之巻 に わかったと思うなの 内容が書かれていました。

霊感というと特殊能力のように感じます。

中部銀次郎さんの言っているインスピレーションというのは、ゴルフをしているときの予感とか直感みたいなものを意味していると思います。書籍にも書かれていますが、一発でパットが入ると思ったとか、逆に短い距離のパッティングなのに入りそうもないと感じていたりとか、そういった予感というか直感みたいなものをインスピレーションと言っているようです。

たしかにゴルフラウンド中のことを冷静に思い起こしてみると、インスピレーションかなと思うような場面があったりもします。このパッティングは一発で入るだろうと最初から思っていたというか、入るだろうと感じていたような場面もあります。その反面、1メートルもないようなパッティングでも入らないだろうな、何故だかわからないけど難しいと感じるから無理だろうなとパッティングする前から感じているときもあります。それは、弱気になっているとか、パターが苦手だからとか、そういったことではありません。

スポンサー広告

インスピレーションに逆らわないというのは、自分が感じたことに素直になれということでしょうね。ボールの置かれている状況が良い条件だったり、悪い条件だったりしたものが自分にインスピレーションとして返ってくると書かれています。きっと、自分が次にショットすること、パットすることを想像すると、ボールが置かれている状況が視覚的に情報として入ってきます。グリーンであれば畝っているのか、下りか、上りか、スライスするか、グリーン面は湿っているのかなどなど様々な条件が揃って、瞬時に感じたことがインスピレーションなんだろうと思います。

そのインスピレーションが自分に何を伝えようとしているのか。

このパッティングは入らないかもしれないと感じているのか、このパッティングは入ると感じているのか、それとも打ちにくいと感じていたり、立ちにくいなと感じることもあります。そういった、自分が感じたことに素直になることが良いというようなことを伝えようとしているのだろうと思います。

このパッティングは入らないと悪い予感がするときには、良い結果を求めるあまり、強引にボールをカップインさせようとしてしまうので、カップを大きくオーバーしてしまう。そして、返しのパットも入らない。そういうこと。というようなことが書かれています。

インスピレーション 霊感 というか直感とか予感とかそういった言葉に近いのかもしれないですね。どちらにしろ、ゴルフラウンド中に特別な何かを感じているのであれば、インスピレーション 霊感 という能力を持っているのかもしれないですね。

パッティングじゃないくても何かを感じるときはありますね。

とくにティーショットなんかは立ちにくいなと感じるときがありますし、ティーグランドからフェアウェイを見渡して、何か嫌だなと感じることがあります。それがインスピレーションなのかもしれないですね。そして、何かを感じたのであれば、それに逆らわないということは、仕切り直すとか、ボールを置き直すとか、ドライバーじゃないクラブで打つとか、そういった動作を入れたほうが良いということですね。

打ったらミスショットで、打った後に何か嫌な予感がしたんだよなとボヤいてしまうこともあります。その嫌な予感を察知した自分を信じて、嫌な予感を拭い去るような動作をひとつ入れたほうが良いというこでしょうね。

もしかしたら、ゴルフ場ではナイスショットをすることしか考えなくて、良いスコアを出すことした考えていないから、何も感じないという人も居るかもしれないですね。

インスピレーションを直訳すると霊感です。

ゴルフラウンド中に何かを感じるのが霊感なのかどうかは分かりません。ですが、中部銀次郎さんはインスピレーション 霊感 ということをサラリと書籍に書き綴っています。もしかしたら、本当に何かを感じていた人なのかもしれないですね。

ゴルフに霊感が必要なのかは疑わしいですが、感性とか直感、予感する能力はあったほうが良いように思います。もともと、ゴルファーというのは理論とか理屈っぽいところがありますから、自分でやってみて実際に感じ取って、習うよりも感じて習得しなければいけないこともあるはずです。

それは、もしかしたらゴルファーとしての感性なのかもしれないですね。感受性という言葉も似合うかもしれません。

インスピレーション 霊感 それは直感? 予感? 感受性のこと? 感性なのかもしれませんが、何かを感じた自分の触覚を信じて仕切りなおしたりすることも大切だということですね。

日々、精進
がんばります

スポンサー広告
 

その他、中部銀次郎さんの書籍からヒントを得た記事がいくつかありますので併せて読んでみてください。

いうか、入るだろうと感じていたような場面もあります。その反面、1メートルもないようなパッティングでも入らないだろうな、何故だかわからないけど難しいと感じるから無理だろうなとパッティングする前から感じているときもあります。それは、弱気になっているとか、パターが苦手だからとか、そういったことではありません。

スポンサー広告

インスピレーションに逆らわないというのは、自分が感じたことに素直になれということでしょうね。ボールの置かれている状況が良い条件だったり、悪い条件だったりしたものが自分にインスピレーションとして返ってくると書かれています。きっと、自分が次にショットすること、パットすることを想像すると、ボールが置かれている状況が視覚的に情報として入ってきます。グリーンであれば畝っているのか、下りか、上りか、スライスするか、グリーン面は湿っているのかなどなど様々な条件が揃って、瞬時に感じたことがインスピレーションなんだろうと思います。

そのインスピレーションが自分に何を伝えようとしているのか。

このパッティングは入らないかもしれないと感じているのか、このパッティングは入ると感じているのか、それとも打ちにくいと感じていたり、立ちにくいなと感じることもあります。そういった、自分が感じたことに素直になることが良いというようなことを伝えようとしているのだろうと思います。

このパッティングは入らないと悪い予感がするときには、良い結果を求めるあまり、強引にボールをカップインさせようとしてしまうので、カップを大きくオーバーしてしまう。そして、返しのパットも入らない。そういうこと。というようなことが書かれています。

インスピレーション 霊感 というか直感とか予感とかそういった言葉に近いのかもしれないですね。どちらにしろ、ゴルフラウンド中に特別な何かを感じているのであれば、インスピレーション 霊感 という能力を持っているのかもしれないですね。

パッティングじゃないくても何かを感じるときはありますね。

とくにティーショットなんかは立ちにくいなと感じるときがありますし、ティーグランドからフェアウェイを見渡して、何か嫌だなと感じることがあります。それがインスピレーションなのかもしれないですね。そして、何かを感じたのであれば、それに逆らわないということは、仕切り直すとか、ボールを置き直すとか、ドライバーじゃないクラブで打つとか、そういった動作を入れたほうが良いということですね。

打ったらミスショットで、打った後に何か嫌な予感がしたんだよなとボヤいてしまうこともあります。その嫌な予感を察知した自分を信じて、嫌な予感を拭い去るような動作をひとつ入れたほうが良いというこでしょうね。

もしかしたら、ゴルフ場ではナイスショットをすることしか考えなくて、良いスコアを出すことした考えていないから、何も感じないという人も居るかもしれないですね。

インスピレーションを直訳すると霊感です。

ゴルフラウンド中に何かを感じるのが霊感なのかどうかは分かりません。ですが、中部銀次郎さんはインスピレーション 霊感 ということをサラリと書籍に書き綴っています。もしかしたら、本当に何かを感じていた人なのかもしれないですね。

ゴルフに霊感が必要なのかは疑わしいですが、感性とか直感、予感する能力はあったほうが良いように思います。もともと、ゴルファーというのは理論とか理屈っぽいところがありますから、自分でやってみて実際に感じ取って、習うよりも感じて習得しなければいけないこともあるはずです。

それは、もしかしたらゴルファーとしての感性なのかもしれないですね。感受性という言葉も似合うかもしれません。

インスピレーション 霊感 それは直感? 予感? 感受性のこと? 感性なのかもしれませんが、何かを感じた自分の触覚を信じて仕切りなおしたりすることも大切だということですね。

日々、精進
がんばります

スポンサー広告