ゴルフの捻転は、どこまで捻って どこがトップか・・・

先日、今までできなかったことが、いきなりゴルフ場で出来てしまいました。 どうして出来たのかを練習場で再現しようとボールを打っていました。

スポンサー広告

そして、ゴルフの練習をしていて、気になることがありました。気になる事というか・・・以前から思っていたことなのですが、捻転というのはどこまで身体を捻れば良いのだろうか・・・トップというのは、どこまでクラブがあがってきたらトップになるのだろうか・・・そんな、くだらない疑問が沸いてきました。あまり考えすぎると、腕(クラブ)が上がらなくなってきますから、考えすぎは良くありませんね。というよりも、考えてはいけない内容だと思います。どこまでがトップか・・・それは、トップスイングがつくられたところが、トップだから・・・考える必要は無いというのは分かっているのですが、考えてしまいます。

捻転できなくなるほどに身体を捻ってしまうと、逆に身体が我慢できなくなってしまって、バランスを崩してしまって、立っていられなくなってしまうでしょうね。バランスを崩して立っていられない状態でスイングをすれば、スイング軸はズレてきますから、ミスショットをしてしまう可能性が高くなります。

中部銀次郎さんの書籍には以下の様な事が書かれています。厳密には中部銀次郎さんがアドバイスを受け止めたゴルファーが改善されたスイングの感想という感じで書かれています。

  • 左肩があごの下まで入ってくるので、打ち急ぎがなくなった
  • ダウンスイングでクラブヘッドが遅れて降りてくる
  • 打ちにいくという感覚がなくなりクラブが振れるようになった
  • 打ちにいくことがなくなったら左へ体が流れなくなり、軸が揺れなくなった
  • 打ちにいってはいないのに、クラブヘッドがよく走る

この様に書かれています。ですが、これはアドレス時にアゴを少し上げる、下を向かないというアドレスをすることで改善された結果です。ここに、腕(クラブ)を上げるということを加えて考えることが出来れば、自分に合ったスイングを見つけることが出来るかもしれません。

上述した内容を元にすると、トップの位置というのは・・・左肩がアゴの下に入ってくるくらいの捻転がちょうど良いのかもしれません。左肩がアゴに入って、さらに捻転していくようであれば、捻転し過ぎなのかもしれません。あまりにも捻転し過ぎると、戻すことが出来なくなってしまいそうですね。つまり、トップの位置とかクラブをどれくらい上げるかというのは、あまり気にしない方が良いのかもしれません。

トップの位置を気にするよりは、左肩の入り肩を気にした方が良いのかもしれませんね。あまりにもトップの位置というか高さを気にすると、トップの位置を調整しようとして腕で上げたりしてしまいますから、余計な動作が入ってしまうことがあります。トップというのは腕を上げるというよりは、上がるというか上がってくるという感覚が適切な表現なのだろうと思います。

また、トップの位置を高くするとアップライトになってしまう傾向がありますし、トップの位置を低くしようとすると、フラットになる傾向があります。つまり、トップの位置というのはスイングプレーンに大きく関わってくるでしょうし、フォロースルーにも影響してきます。

捻転を深くするというよりは、如何にクラブヘッドが走るようなスイングをするのかがポイントになるのだろうと感じています。この辺りは、練習をしながら自分の体格や膂力に合ったスイングを見つけるしか無さそうですね。

日々、精進
がんばります

スポンサー広告