CONTENTS MENU
 

ゴルフの技術偏重 【 わざわざ難しいことをしている 】

ゴルフというスポーツはショットの技術が必要となります。ショットの技術が必要になるからこそ、ショットの技術ばかりを追求してしまい、偏重してしまうことがある。

スポンサーリンク
 

中部銀次郎さんはどちらかというと技術に偏ってしまうことのないゴルフを心掛けていたように感じます。技術があるからこそ見えなくなってしまうものがあるということを伝えようとしています。

技術偏重というのは、ゴルフというスポーツだけではなく、製造業、IT業、医療という分野にもあるようです。それは、技術が必要である分野や業界では必ずあるようですね。どうやら、技術に偏った考えをしてしまうということだろうと思います。

技術があれば、その技術を使いたくなりますし、披露したくなる気持ちが芽生えてきます。製造業であれば特殊な技術を使って加工をしてみようということにもなったりします。こんな特殊な加工技術があるんだということを自慢するかのように、最新の技術を披露したいという気持ちです。たまたま製造業の加工技術を引き合いに出させて頂きましたが、別に悪口を言っているわけではありません。私の経験です。

ですが、最新技術が本当に役に立つのか・・・ということを考えると最新技術じゃなくても良いということもありますし、古い技術でも十分に役に立つことがあります。見た目が悪くても十分に効果が得られるようなこともあります。

中部銀次郎さんの書籍の中で、器用にボールを上げてアプローチをするゴルファーが居ました。同伴者が鍋銀次郎さんに「素晴らしい捌き方ですね」と話をふったところ、中部銀次郎さんは「でも、ボールはカップに寄ってないよ」と応えるという文節があります。

難しいことをしてもボールが寄らなければ意味がない。見た目はカッコイイ、ロブショットでもボールが寄らなければ意味がない。目的はカップに寄せることであって、難しいショット技術を披露することが目的ではないし、カッコ良く見せるのが目的ではないということですね。

ゴルフの技術偏重 【 わざわざ難しいことをしている 】

グリーン周りのアプローチはどうしてもウェッジを使おうという気持ちになってしまいます。必ずウェッジを使わなければいけないというルールはありません。そして、寄せるためにウェッジを使わない方が良いという場合もあります。

ボールとカップの位置を考える

たとえばボールがグリーンを少しだけこぼれてしまって、薄いラフに置かれている場合。そのボールの位置からカップまでの距離が近い場合は、無理してウェッジを使う必要性はありません。ボールの位置からカップまでの距離が近い場合は、けっこう難しいアプローチであると感じることが多いです。

ボールとグリーンとカップまでの距離を 見極める

ウェッジを使わなくてもボールを転がして寄せることが出来ます。無難に転がすのが鉄則ですね。9番アイアンとかを使って転がすのも良いと思います。中部銀次郎さんは距離のあるアプローチは5番アイアンを使っていたと言います。アプローチで5番アイアンが使えるようになるのは逆に難しそうな感じがしますけどね。

グリーン周りからパターで寄せることをテキサスウェッジと言います。アメリカのテキサス州は気候が乾燥しており、芝生も枯れてしまっていることが多かったからなのか、グリーン手前までボールを運んできて、転がして寄せるというのが基本だったようですね。グリーン外からでもパターで転がして寄せられたとのことです。ちなみに、広めたのはベン・ホーガンです。

本当の目的を見出すことが出来れば、見た目も、難しい技術も必要がないということですね。そこに気付かないのは、そのゴルファー自身の問題であり、それは心の問題であろうということですね。

最善の方法で寄せて確実にスコアメイクしていきたいですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア