CONTENTS MENU
 

ゴルフの打ち方で面を使う練習

レッスンラウンドに行ったのですが、面を使ってください! 面を使うイメージを持ってくださいと連呼されました。言ってることはなんとなく判るんですけどね、なかなか出来ないのです。

スポンサーリンク
 

今は、面を使う練習をしています。

どうやら、私の場合、ゴルフ場ではゴルフクラブをボールに当ててるだけになっているようです。ゴルフクラブをボールに当てないと、ボールは飛ばないのですが、クラブの面 つまりフェース面を使えてないというか、ゴルフクラブのギア効果が使えてないようです。

これは、面だけのイメージなのですが、イメトレみたいなことができます。10円玉とマッチ棒1本。マッチ棒が無ければ割り箸とか。

置かれた10円玉をボールに見立てて、棒で押してあげます。マッチ棒か割り箸が10円玉に接触するときに、斜めになっているか、真っ直ぐになっているか。斜めになっていると、その斜めになっている方向に向かって10円玉が転がります。これが、スライスとかフックなどの回転になります。

(1) 真っ直ぐの場合

棒を真っ直ぐにして、ボールに見立てた10円玉を押してあげると、真っ直ぐ進んでいきます。ゴルフでいうところのスクエアですね。

 

(2) 左に傾けた場合(閉じた場合)

棒を少し左に傾けて、ボールに見立てた10円玉を押してあげると、10円玉は棒に沿って左回転をします。ゴルフでいうところのフック回転が発生します。フェース面が閉じているというイメージですね。ボールが捉まるというのは、これでしょうね。

スポンサーリンク  

(3) 右に傾けた場合(開いた場合)

棒を少し右に傾けて、ボールに見立てた10円玉を押してあげると、10円玉は棒に沿って右回転をします。ゴルフでいうところのスライス回転が発生します。フェース面が開いているというイメージですね。スライスボールは、フェース面が開いている可能性が高いということになります。フェース面だけが原因ではないと思いますが。ボールが右に抜けた感じも、これでしょうね。

 

(4) アイアンやウェッジなど

棒をロフト角だとイメージすることもできます。アイアン、ウェッジを横から見たイメージです。ボールはフェース面を伝って回転していきますから、バックスピンが発生します。ロフト角が大きければ、バックスピンも多くなるということです。

 
(1)~(3) は フェース面が開いている、閉じているというのはボールに対して横の面の使い方になります。スライスしたり、フックしたりというのは面が開いているか閉じているか。 (4)は縦の面の使い方になります。ウェッジのフェース面がうまく使えていれば、自然とボールは上がるし、自然とバックスピンが掛かるということです。それが出来ないのは面が使てないから。ですから、ゴルフは横と縦の面をうまく使わなければいけないということになります。面がうまく使えてないから、スライスしたり、チーピンしたり、ボールが上が難かったりということになります。
 

面を使えるようになると

面が使えるようになると、アイアンやウェッジの精度は良くなると思いますし、ボールがフェース面に乗るという感覚がなんとなく判ります。きっと、しっかりと打てる人はゴルフクラブがボールにコンタクトして、ボールがフェース面を伝っていきながら、飛ばしたい方向へフォロースルーを向けて、放り投げていくんでしょうね。メカニズムは判るのですが、行うは難しです。

面がうまく使えればドライバーは、ボールを捉まえられるはずです。ボールを捉まえたフェードというのも打てるようになるそうです。私は、そういった難しい打ち方はできないですが、実際のところ打つときの面に関しては深く考えていませんでした。ただ、速く振る、強く振る、クラブヘッドがボールの置いてあるところを通過すれば飛ぶ、くらいにしか考えていなかったというのもあります。正直なところ左足下がりのショットが連続するようなところだと、細かなことを考えられなくなってしまって、とりあえずクラブをボールにぶつけておけば飛ぶという感覚になってしまいます。

ただ、ゴルフスイングは面だけではなく、線もあります。スイング軌道です。内側から入ってきたり、外側から入ってきたりします。スイング軌道+面の使い方ということになります。もう少し面がうまくつかえて、フォロースルーを長く出せれば、スライスが減って、スライスが減った分だけ飛距離が伸びるんじゃないのかなと思っています。しばらく練習をしてみます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア