CONTENTS MENU
 

ゴルフのために体幹を鍛える 【 ゴルフ トレーニング 】

ゴルフをしていくうえではトレーニングは必要となってきます。そして、適切なスイングが出来るようになるために、体幹を強くするとゴルフというスポーツは良い効果をもたらしてくれると聞いたことがあるはずです。

スポンサーリンク
 

ということで腹筋などをしている人も居るかもしれませんが、体幹とはどこの部分を指しているのか、そして体幹が強くなると何故良いのかを知っておくと良いです。

体幹とは解剖学用語のなかでは、特定の部位を指定した名称ではなく、大雑把な範囲を指定するための名称です。大雑把に頭、腕、脚を除いた体の部分であると言われています。故に、体幹を強くするというのは腹筋を意味していることもりますし、横隔膜を意味していることもありますし、股関節を意味していたりもします。体幹とは、体幹筋と呼ばれる身体の幹(軸)となる部位を構成している腹直筋、腹横筋、腹斜筋、大胸筋から成り立っています。

一般的に腹筋と呼ばれるのは、腹直筋のことです。

身体の軸となる部分を強くすることで、ぶれない身体を作ることが出来ます。

関節を強くするということは、とても困難です。というより、関節を鍛えることは出来ません。関節周りの筋肉を強化するということで、関節への負担を減らすという方法になります。

ゴルフで最も必要になるのは腹筋です。まずは、腹筋を使える様にするという考えを持つと良いです。腹筋を鍛えて、いきなり筋肉隆々にはなりません。そして、メタボリックなお腹を引っ込めることも出来るかもしれませんが、あくまでもゴルフのための体幹強化ですので、メタボリックに効くかは判りません。

スポンサーリンク
 

とても簡単な腹筋強化方法

仰向けに寝転がって軽く膝を曲げます。腕は頭を抱えても良いですし、体の横に伸ばしていても良いです。曲げた膝を上に上げます。そして、膝を自分の顔かアゴにくっつけるように動かします。そして戻します。これを何度も繰り返します。すると、お臍の下の辺りがひきつってくるのが判ります。やり過ぎると筋肉痛になりますので適度に。

テレビを見ながら寝転がったまま出来ますし、とても簡単なので毎日継続することが出来ます。1日何回行うとかではなくて、テレビが見終わるまで続けてみるとか、好きな音楽を聴きながら曲が終わるまで続けるとか、自分のなかでのルールを作って出来る限り継続をさせていくと良いです。

 
いきなり腹筋が割れてきたということは、あまり無いと思います。ただ、日常生活のなかで殆ど使うことの無い腹筋に刺激を与えて、酷使することで、今まで使うことの無かった腹筋が動きやすくなるというか、自分の意思で必要なときにチカラを加えたりすることが出来るようになります。今までよりも敏感になるという感じです。

スポンサーリンク  

体幹が強くなると歩くだけで判ります。腹筋にチカラを入れずに、普通に歩いた後に、腹筋にチカラを入れて歩くと、頭からお腹、腰、お尻にかけて一本の筋が通っているかのような感じを受けます。これが、まさに体幹です。そして、体幹がゴルフでは必要となる「軸」の正体とも言えます。

体幹が強くなると

体幹が強くなると、身体の捻れが強くなります。ゴルフスイングでテイクバックをしてトップを作ると身体が捻れて、とても窮屈な感じがしますし、とても身体が苦しくなってきます。捻れに耐えられないので、足(脚)だけで耐えようとしてしまいます。

そして、早く楽な姿勢に戻りたいということから、捻れを完全に作りきれずに、途中で捻れを解いてしまい、元に戻してしまいます。そして、チカラが抜けたかのような弾道が打ち出されたりします。

右側にスウェー(右側に身体が移動する)してしまう場合には、軸を意識してズレないように回転をすることで修正が出来るのですが、軸(体幹)が強くないので耐えられないという要因もあります。

体幹が強くなると、捻れから生まれる苦しさから解放されたいがために、スイングが早くなってしまうということを防ぐことが出来ます。つまり、強い捻転を生むことが出来ます。その強い捻転こそが、ヘッドスピードのアップ、適切なスイングプレーンを作るには大切な要素となってきます。

スポンサーリンク
 

また、体幹が強くなって腹筋で腕を下ろしてくる、腹筋でゴルフクラブを降ろしてくるということが出来るようになります。

そして、体幹が強くなると安定した飛距離を維持することが出来ます。ドライバーで250ヤード程度飛ぶのであれば、いつでも平均して240~250ヤードを維持することが出来ます。飛距離の平均が維持できれば、グリーンを狙う時には自分の平均飛距離を把握しているので、マネジメントしやすくなるというメリットもあります。

体幹だけを強くするのではなく、併せて足(脚)も強くすることも大切です。強い捻転が出来れば、その捻転を支えるための脚力が必要となってきます。脚力もアップできれば、自然と股関節にチカラが加わるのがわかるようになってきます。

いきなり飛距離アップは難しいかもしれませんが、強い捻れを作ることができれば、確実にミート率があがります。ドライバーなどは、フェイス面がボールにヒットしたときの音がとても心地よくなってきます。自分のペースで急がず、焦らず続けられると良いです。

PS~
上述したことは、あくまで私個人が行っている内容です。また、いきなり始めると怪我をするかもしれませんので、自分の体調を確認しながら、専門家の指導に基づいて行うこと良いです。自己責任にて行ってください。

スポンサーリンク
 
SNS シェア