グリーンを小さく考える、グリーンを大きく考える

グリーンを狙ったショットの精度を高めようと考えたときに、ただショットの精度だけではなく、どのようなショットをするのか・・・そして、グリーンをどのように考えるのかということが必要になってきます。

グリーンを小さく考える場合、グリーンを大きく考える場合 の ことを考えてみました。

スポンサー広告

 

グリーンを小さく考える

大きなグリーンを狙う場合は、グリーンを小さく、そして狭く考えます。PAR4 の セカンドショットでパーオンをしたとしても、大きなグリーンのはしっこにボールを乗せたとしても、2パットでカップインさせることが難しくなります。ですから、出来る限りピンを狙っていきます。

ゴルフが上手な人ならば、大きいグリーンを狙うときは、グリーンを小さく狭く考えて、ショットしている場合が多いと思います。自分のショットに自信がある場合は、ピンをデッドに狙ってくる人も居ます。

中部銀次郎さんの書籍では、グリーンはセンターを狙えと書かれています。ピンがグリーンの左端だったり、右端だったりしても、グリーンの真ん中を狙っておけば、けっこう2パットでカップインさせられる距離だったりする・・・というような事が書かれていたりもします。ですが、グリーンのセンターを狙っているにも関わらず、左へ行ったり、右へ行ったりしてしまうこともあります。

大きくて広いグリーンを小さく、狭く考えて狙っていくことは大切なのですが、小さく狭く考えるほど、ボールの飛び先というのは、狙った場所とは違うところへ飛んでしまいます。大きなグリーンを小さく狭く考えることで、自分で勝手にプレッシャーを与えてしまっているとも言えます。

とくに、グリーンまで140ヤード、150ヤード、160ヤードくらいは、狙っていけるかもしれない・・・という気持ちになりますし、それくらいの距離であればグリーンを狙っていくべきだろうと思います。狙っていく気持ちはあるのですが、自分の気持ちにショットの技術がついてこないと考えてしまうのですが、これは逆なのではないだろうかということに気付きました。

グリーンまで140ヤード、150ヤード、160ヤードくらいの距離をしっかりと飛ばすことはできる技術はあるのだけど、そこに自分の気持ちがついてきていないだけなのだろうと感じています。

 

スポンサー広告

 

グリーンを大きく考える

グリーンまでの距離が残っているときには、グリーンを大きく考えたりすることもあります。もともと、一般的なゴルフ場であれば、グリーンの大きさというのは、横幅が20ヤードから30ヤード前後くらいだったりします。

グリーンまでの距離があるということは、ある程度は飛ばせるクラブで打ちますから、左右のブレ幅も大きくなります。ですから、グリーンを大きく考えて、多少は左右にブレたショットでも大丈夫だろうというリラックスした気持ちで打つことができます。これが、グリーンまでの距離が短い場合よりも、なかなか結果オーライのことが多いです。

 

 

グリーンを狙うショットは欲が出る

グリーンを狙うショットの難しさというのは、自分の気持ちの揺れ動きをコントロールするところにあるのだろうと思います。何気ないショットなのですが、狙うショットというのは、チカラが入ります。いえ、腕で合わせにいってしまいます。それは、ライン出しをしようと考えていたりするからなのだろうと思います。100ヤードあるか無いかという距離なのに、左へ引っかけてしまうこともあります。

しかも、グリーンまでの距離が近ければ近いほど、欲が出ます。3打目のアプローチでの寄せでミスするのは、狙いすぎているからなのだろうと思います。

グリーンを狙うショットというのは、自分では気付かない何か、目に見えない何かが作用しているように感じて仕方がありません。その、目に見えない何かというのは、自分の気持ちだったり、欲 なのだろうと思います。これをコントロールする方法を見つけなければいけませんね。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください