カーボンシャフトのアイアン 【 R BLADEZ 】

今年 2015年のラウンドを振り返ってみると、自分の体力の衰えを感じることが多くありました。何故、体力が衰えたということが判ったかというと、身体が硬くなっている感じがするからです。身体が硬くなるということは老化のはじまりの第一歩とも言われていますからね。とある書籍では身体が硬い人の方が疲れやすいとも書かれていたりもします。

スポンサー広告

身体が硬くなると深い捻転が出来なくなってきます。

深い捻転が出来ていないと身体にパワーが蓄積されないので、弱いスイングとなり、スピードも出ません。自分が思っているよりもパワーの無いスイングとなってしまうので、ついつい手のチカラで打とうとしてしまいます。正真正銘の手打ちというやつですね。

しかも後半になると背中と太ももに痛みを感じます。あきらかに筋肉疲労でしょうね。

ということで、アイアンを少し軽めのカーボンシャフトにしようということで、色々と考えていたのですが、テーラーメイドのRBLADEZ(ロケットブレイズ)が格安で売られていましたので購入してみました。今まで使っていたアイアンもRBLADEZでシャフトがKBSでしたので、シャフトだけが変わるという感じですから、大幅変更ではないので慣れるには時間は掛からないだろうという考えもありました。

スポンサー広告

今現在、使っていたアイアンのソケット抜けというのも新しいアイアンを購入するキッカケになっていますけどね。

 

もちろん中古です。ちなみに、5番アイアン~AW、PW、SWの8本セットでしたのでウェッジまでのバランスが整うかな・・・という考えもあります。

練習場で少し打ったのですが、カーボンシャフトの方が飛びますね。シャフトが気持ちよく撓ってくれるのが判りますし、インパクトゾーンでの撓り戻りが強くてインパクトでは良い音がします。フェース面の弾きが良いからなのか、パチーン! という大きな音がします。高反発か?と思ってしまうほどです。

シャフトがKBSよりも軽くなったので、なんとなくスイングスピードが早くなったように感じますね。KBSは少し苦手だったんですよね。殆ど撓りを感じないシャフトでしたからね。

カーボンシャフト特有の方向性のバラ付は感じませんでしたが、今までよりもフックが強くなってしまった感じがしますね。これは、明らかにシャフトの影響でしょうね。シャフトが軽くなって、撓るようになった、そして振りやすくなったということが影響をしているのだろうと思います。

しかし、RBLADEZ(ロケットブレイズ)は少し前のアイアンですけど・・・飛びますね。飛びすぎですね。飛びすぎて困ってしまいますね。飛んでくれることは嬉しいのですが、アイアンで飛びすぎというのは、ちょっと危険かもしれないですね。

カーボンシャフトのアイアンを使うなんて、まだ早いのでは? と ゴルフ仲間達に言われていますが、カーボンシャフトはやっぱり楽ですよ。楽に飛ばせますからね。わざわざ重くて難しいスチールシャフトを使わなくても良いのかなと思ったりもします。カーボンシャフトかスチールシャフトか・・・どらいが良いかというのは賛否両論あると思いますけどね。

ただ、カーボンシャフトにしたことによって、スイングがこれからどのようになるのかが心配ですけどね。こよりも下のスペックは無いわけですから。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

PR
R BLADEZ アイアン / TM7-113 【 楽天ショップ中古 】

PR
R BLADEZ アイアン / TM7-113 【 GDOショップ 中古 】

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください。