インパクトを想像すると自分はミスショットばっかり

ゴルフ場でミスショットは当たり前、プロだってミスをするんだから、という言葉を耳にしたことはあります。ですが、ミスショットは嫌ですね。ミスショットというか、当たりが悪いというショットですね。フェアウェイからのアイアンショットなんて、殆どがミスショットというか当たりが悪いです。

スポンサー広告

 

アイアンの当たりが悪いと感じるということは、良い当たりの時のアイアンショットを知っているということだとは思うのですが、良い当たりのアイアンショットを打つことができません。ゴルフ場では、クラブでボールをヒットさせることで精一杯になってしまっているからなのかもしれません。

自分のイメージでは、アイアンのフェース面がボールにコンタクトした瞬間・・・ボールがフェース面をつたいながら上の方にズレていきます。その時にバックスピンが発生します。クラブの重心でボールの重心を押すように飛ばす・・・ボールがフェース面に食いつく感触が心地良い・・・というのがイメージなのですが・・・実際は、アイアンでボールをヒットするだけで必死になっているような感じです。

そうなんです。
クラブでボールを当てているだけという状態です。

ゴルフレッスンの先生曰く、ドライバーだろうと、ウッドだろうと、アイアンだろうと、何を打ってもあんまり変わらないと思いますよ・・・とのこと。その意味が、あまり理解できなかった私の未熟さというのも露呈となりました。ドライバーだろうと、ウッドだろうと、アイアンだろうと、何を打ってもあんまり変わらない・・・というのは、クラブでボールをヒットさせているだけだからです。ゴルフクラブでボールに衝撃を与えているだけということです。その、衝撃によってボールは飛ぶ・・・ただ、それだけということです。

もちろん、ゴルフクラブでボールをヒットする、叩くとか、衝撃を与えるということは必要なのですが、ゴルフクラブの性能を活かしきれていないということです。

ゴルフクラブというのは、ロフトがありますし、ウェッジやアイアンの場合はフェース面にはスコアラインがあります。シャフトなりの硬度があり、ゴルフクラブ全体の重さ、バランスがあります。番手ごとの飛距離があり、番手ごとのバックスピンがあり、ボールの高さも異なってきます。

打とうと思えば、思うほど、打ち急いでしまいます。結局は勢い良くゴルフクラブを振っているだけであり、ボールも勢い良く前に飛ぶだけ。実は、そうじゃなくて、急いで打とうとしなくても、ゴルフクラブは走ってくれますし、ロフト、シャフトが仕事をしてくれて、自然とボールを上げて、前に飛ばしてくれるということを忘れてしまっているということです。

急いで打って、ゴルフクラブを速く振れば飛ぶわけではないということですね。むしろ、ゆっくりと振った方がゴルフクラブが仕事をしてくれて、しっかりとボールを飛ばしくてるということなのですが、ゴルフ場ではそんなことは忘れてしまうんですよね。

日々、精進
がんばります

 

スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください