CONTENTS MENU
 

アダム・スコット ウォームアップ 【 ラウンド前の練習 】

PGATOUR の Youtubeチャンネルにアダム・スコットのラウンド前の練習風景動画がアップされていましたのでシェアします。アダム・スコットは練習をしているときも、何故かとても丁寧に動作をしているという雰囲気が伝わってきますね。パターもショットも丁寧に打っているように感じます。

 

アダム・スコット ウォームアップ動画

 

まずはパター練習から

ティーを刺して丁寧にパターの練習をしています。短い距離、長い距離、真っ直ぐにストロークをすることを意識して練習をしているようですね。ちなみに使用しているパターはロング・パター( 長尺パター )ですね。

 

チッピングエリア

ウェッジでしっかりとアプローチの練習をしています。とても柔らかくてスムーズな動作をしますね。

 

バンカーの練習

これからラウンドをするコースが、バンカーに捉まると大変なことになってしまうコースだからなのか、バンカーの練習も丁寧に、そして入念に行っています。

 

ドライビングレンジ

サンドウェッジからショットの練習に入ります。次に60°のウェッジを使ってショットの練習をします。スイングの確認をしているように見えますね。丁寧に1球ずつ打っていきます。

そして、アイアンは8番アイアン、5番アイアン、2番アイアンの練習をします。意外と長めの番手を練習するんだな~というのが印象的ですね。2番アイアンというのもすごいですね。ボールは高く上がらないけどランが出るのでしょうか? そして3番ウッドの練習をします。

 

ドライバーの練習

ドライバーショットの練習は、とても軽く振っているように感じますね。思い切り振っていないように感じます。ドライバーショットは11球打ちます。

そして、最後の締めくくりとして3番アイアンを3球打って練習を終えます。3番アイアンの練習で締めくくるなんて、珍しいなと思ったら・・・ティーショットではいきなりアイアンを使っていました。

映像を良く見たら、WGC-ブリヂストンインビテーショナル2015 の 時の映像のようですね。バンカーに捉まらないように各選手はティーショットではウッド系やアイアンを多用したとか。アダム・スコットも確実なフェアウェイキープを目指して、ロングアイアンでのティーショットを考えていたんでしょうね。ですから、練習でも2番アイアンが登場したのだろうと思います。

 

ウォームアップ・トータル

練習に費やした時間は1時間。フルショットよりもパター、アプローチショットが多いですね。短い距離のショット、長い距離のショットもバランスよく練習をしているようですね。

 

アダム・スコットの丁寧さはお手本にしなければいけませんね。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 

 

その他の選手のウォームアップ動画を紹介している記事がありますので、併せて読んでみてください。

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
雨ゴルフは仕事が増えて飛距離が落ちる 雨ゴルフは嫌いではありません。 ですが、好きではありませ。 ただ、雨ゴルフは仕事が増えるので、それが厄介ですね。 傘をささなきゃいけないし、グローブが湿ったりしないようにしなきゃいけないし、グリップが濡れたらふかなきゃいけないしということで、色々と動作が増えるので・・・仕事が増えます。その煩わし...
長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか... ソニーオープンinハワイでジャスティン・トーマスが優勝しました。その時の映像を録画しておいて、後から見ていました。解説の方が、とても興味深い表現をしていました。ジャスティン・トーマスのグリーンを狙ったアイアンショットの精度の高さを、長めのクラブでゆっくり振るのか、短めのクラブでおもいきり振るのか、よ...
SNS シェア