アイアンの練習で気付いたこと

アイアンが不調ですので、スイングを確認しながら練習に励んでおります。ティーショットでフェアウェイの良いところにボールを運べても次のアイアンショットがダフってばかりだったらスコアメイクになりませんからね。練習場でこそこそとアイアンを打っていました。グリップを確認して、アドレスを確認して、ボールの位置も調整して、ボールをクリーンに打てるように練習をしています。何発か打っていると色々と気付きがありますから、自分で気付いた部分を修正しながら練習をしています。

中部銀次郎さんも「ミスには、はっきりとした原因がある」と書籍に書いておりましたが、その意味がだんだん判ってきました。

スポンサー広告

 

アイアンが不調である場合は、アドレスとグリップ、そしてボールの位置を確認すれば何が悪かったのかを知る事が出来ます。私の場合はボールの位置が左足側寄りになっていました。どうやら、気付かないうちにボールの位置を左寄りにしてしまう癖があるようです。ドライバーと同じくらい左足寄りではないのですが、フェアウェイウッドを打つ時と同じくらいの位置という感じでしょうか。人それぞれ打つクラブによってボールの位置があると思いますが。

アイアンショットでも自然とボールの位置が左足寄りになってしまっており、まるでティーアップをしたボールを打つ時のような感じになっていたのだろうと思います。

アイアンの打ち方イメージ図

アイアンを打つ時にはボールの位置を自分の体の中心、左足と右足の真ん中に置き、左足とボールの間にスイングの最下点となるイメージで打つことで心地よい当たりが出るようになってきました。そして、私の場合は少しクラブを浮かせておきます。ソールしないようにしています。トップしそうなのですが、ボールの側面に綺麗にヒットしてくれます。

アイアンをソールしないのは、自分のイメージです。アイアンをソールする時はボールの手前でソールをすることが多いのですが、その場合は既にダフっているようなイメージを持ってしまうからです。

アイアンショットはボールの位置が大切ですね。ボールの位置が適切であれば、自然とクラブがボールにコンタクトしてくれて、自然とボールを飛ばしてくれます。アイアンでボールをクリーンに打てると、とても気持ちが良いですね。インパクトの感触がとても心地よいです。

スポンサー広告

 

その他、気付いたこと

アイアンショットを何発か打って練習をしていると、数十発の内に数発はミスショットが出ます。例えば、10発打って3発ミスをしたりもします。当たりが悪いとかダフったりとか左への引っかけなどが出たりします。練習場で、連発して打つことが出来るナイスショットよりも、たまに出るミスショットがゴルフ場で打つショットなのだろうということに気付きました。

  • 連発して打てるナイスショットは練習場でのショット
  • 練習場でたまに打つミスショットがゴルフ場で打つショット

・・・ということでしょうね。これは、メンタル的な面もあるかもしれませんね。緊張していたり、慎重さもあるだろうと思います。

では、練習場でたまに打つミスショットをどのように活かすかということを模索しなければいけませんね。ミス無しが最も良いのですが、必ずミスはしてしまいます。ミスショットをしても大きなトラブルにならないようにするのか、自分がミスショットをしたときの傾向というのも探っていかなければいけませんね。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

その他、関連記事があります