CONTENTS MENU
 

アイアンの練習で気付いたこと

アイアンが不調ですので、スイングを確認しながら練習に励んでおります。ティーショットでフェアウェイの良いところにボールを運べても次のアイアンショットがダフってばかりだったらスコアメイクになりませんからね。練習場でこそこそとアイアンを打っていました。グリップを確認して、アドレスを確認して、ボールの位置も調整して、ボールをクリーンに打てるように練習をしています。何発か打っていると色々と気付きがありますから、自分で気付いた部分を修正しながら練習をしています。

中部銀次郎さんも「ミスには、はっきりとした原因がある」と書籍に書いておりましたが、その意味がだんだん判ってきました。

スポンサーリンク
 

 

アイアンが不調である場合は、アドレスとグリップ、そしてボールの位置を確認すれば何が悪かったのかを知る事が出来ます。私の場合はボールの位置が左足側寄りになっていました。どうやら、気付かないうちにボールの位置を左寄りにしてしまう癖があるようです。ドライバーと同じくらい左足寄りではないのですが、フェアウェイウッドを打つ時と同じくらいの位置という感じでしょうか。人それぞれ打つクラブによってボールの位置があると思いますが。

アイアンショットでも自然とボールの位置が左足寄りになってしまっており、まるでティーアップをしたボールを打つ時のような感じになっていたのだろうと思います。

アイアンの打ち方イメージ図

アイアンを打つ時にはボールの位置を自分の体の中心、左足と右足の真ん中に置き、左足とボールの間にスイングの最下点となるイメージで打つことで心地よい当たりが出るようになってきました。そして、私の場合は少しクラブを浮かせておきます。ソールしないようにしています。トップしそうなのですが、ボールの側面に綺麗にヒットしてくれます。

アイアンをソールしないのは、自分のイメージです。アイアンをソールする時はボールの手前でソールをすることが多いのですが、その場合は既にダフっているようなイメージを持ってしまうからです。

アイアンショットはボールの位置が大切ですね。ボールの位置が適切であれば、自然とクラブがボールにコンタクトしてくれて、自然とボールを飛ばしてくれます。アイアンでボールをクリーンに打てると、とても気持ちが良いですね。インパクトの感触がとても心地よいです。

スポンサーリンク
 

 

その他、気付いたこと

アイアンショットを何発か打って練習をしていると、数十発の内に数発はミスショットが出ます。例えば、10発打って3発ミスをしたりもします。当たりが悪いとかダフったりとか左への引っかけなどが出たりします。練習場で、連発して打つことが出来るナイスショットよりも、たまに出るミスショットがゴルフ場で打つショットなのだろうということに気付きました。

  • 連発して打てるナイスショットは練習場でのショット
  • 練習場でたまに打つミスショットがゴルフ場で打つショット

・・・ということでしょうね。これは、メンタル的な面もあるかもしれませんね。緊張していたり、慎重さもあるだろうと思います。

では、練習場でたまに打つミスショットをどのように活かすかということを模索しなければいけませんね。ミス無しが最も良いのですが、必ずミスはしてしまいます。ミスショットをしても大きなトラブルにならないようにするのか、自分がミスショットをしたときの傾向というのも探っていかなければいけませんね。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
雨ゴルフは仕事が増えて飛距離が落ちる 雨ゴルフは嫌いではありません。 ですが、好きではありませ。 ただ、雨ゴルフは仕事が増えるので、それが厄介ですね。 傘をささなきゃいけないし、グローブが湿ったりしないようにしなきゃいけないし、グリップが濡れたらふかなきゃいけないしということで、色々と動作が増えるので・・・仕事が増えます。その煩わし...
長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか... ソニーオープンinハワイでジャスティン・トーマスが優勝しました。その時の映像を録画しておいて、後から見ていました。解説の方が、とても興味深い表現をしていました。ジャスティン・トーマスのグリーンを狙ったアイアンショットの精度の高さを、長めのクラブでゆっくり振るのか、短めのクラブでおもいきり振るのか、よ...
SNS シェア