つま先上がりでスライスを治す?

レッスンの先生とラウンドレッスンをして得られた大きなヒントとしては、「つま先上がりのショット」、「つま先下がりのショット」から今の自分のスイングを見つめ直すということです。

スポンサーリンク
 
つま先上がり、つま先下がり という傾斜のライでのショットを通常のショットに活かすことができれば、スライスもフックも克服できるかもしれないということです。

ラウンドレッスンでは、傾斜になっているライからボールを打つためのヒントなどを教えてもらいました。つま先上がりの傾斜ではフックボールが出やすい。つま先下がりの傾斜ではスライスボールが出やすいというのは、よく知られていることです。傾斜での打ち方、傾斜でのショットで打ちやすいボールのことを理解していれば、通常のショットに活かして、スライスやフックを克服できると考えたわけです。

ゴルフは、傾斜での打ち方などの仕組みを知ることができれば、他のショットに応用ができるという面白い面がありますからね。これに気づくかどうかというのも個人差があるかもしれませんが、自分で考えて取り組んでみて失敗してみないと成長しませんからね。

つま先上がりのショット

つま先上がりとなっている傾斜でのショットは、基本的にはフックボールが出やすいです。何故、フックボールが出やすいのか・・・ライ角が大きく影響をしています。つまり、フラットな打ち方になるからです。つま先上がりの傾斜はボールの位置が通常よりも上に来ますから、アドレスをするとゴルフクラブはフラットなライ角となります。自然とインサイドにクラブが抜けていくので、カット打ちにならない(カット打ちになり難い)ということが言えます。

つま先上がり

つま先下がりのショット

つま先下がりとなっている傾斜でのショットは、基本的にはスライスボールが出やすいです。何故、スライスボールが出やすいのか・・・ライ角が大きく影響をしています。つまり、アップライトな打ち方になるからです。つま先下がりの傾斜はボールの位置が通常よりも下に来ますから、アドレスをするとゴルフクラブはアップライトなライ角となります。つま先が下がった状態での苦しいアドレスからは、トップするか、カット打ちになるというのが想像できます。

つま先下がり

スポンサーリンク
 

傾斜からのショットの弾道 簡単まとめ

つま先上がりのライ

  • ボールのつかまりが良い
  • フックボールになる

つま先下がりのライ

  • ボールのつかまりが悪い
  • スライスボールになる

通常のショットにどうやって活かすか

傾斜で打つ場合はスライスかフックが出る。ならば、それを通常のショットに活かすことが出来ればスライスもフックも克服ができるということになります。通常のショットでスライスボールを打ちたいという人も居るかもしれませんが、出来ればフックボールの方が良いでしょうから、出来ればつかまったボールが打てる方が良いわけです。

ということで、つま先上がりの傾斜から打つということを想定してショットをする場合には、クラブをフラットにしてインサイドに自然と振り抜けるように意識すれば良いということになります。自然とつかまるボールになるということですね。そんなに簡単に出来るかは判りません。つま先下がりのライからはつかまったボールが打てる訳ですから、平らに近いライからのティーショットであれば、もっと打ち易いのではないかと思ったりもします。 ただ、インサイドに振り抜くことを意識し過ぎるとチーピンが出そうで怖いですね。

つまりクラブのライ角を意識することで調整ができるのではないだろうか・・・という考えです。

ライ角

一般的に市販されているドライバーのライ角がフラットなモデルが多いのは、この辺りのことを想定しているからなのかもしれませんね。フラットなイメージでアドレスをすると、自然とクラブのトゥ側が浮いて、上を向くようになります。逆にアップライトな場合は、トゥ側が下がってしまいますから、トゥダウン現象と同じような感じになってしまいます。

フラットに打つことを強く意識すると、低く左に飛ぶボールばかりになってしまいますので、少しは縦の振りも考えておかないといけませんね。3番ウッドなどを芝生の上から打つときには、払い打ちでシャフトを寝かせるようにして打つことが多いのですが、そういったイメージで打つ方が良いのかもしれませんね。

また、アドレス時の体重のかけ方としては、踵側に体重を乗せたら良いのだろうか・・・いろいろと試行錯誤をしてトライするしかありませんね。

スライスボールを打つ頻度が多い場合は、少しでも真っ直ぐに飛ばす確率が増えれば、それだけでも平均飛距離は伸びますからね。スライスボールは距離が出ませんから。つま先上がりの打ち方を活かすことをどうして今まで思いつかなかったのが判りません。ただ、通常のショットでつま先上がりのような打ち方を活かすにはどうするのか・・・模索中です。ただ、うまくいけばつかまるボールが打てるのは間違いありませんからね。

しばらく、練習をしてみようと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
ソールしない アドレス の ドライバーショット... ドライバーでティーショットをするときにアドレス時にソールをするか、ソールしない方が良いかというのは、たまにゴルフ仲間たちと議論する話題に上がってきます。 ティーショットではボールはティーアップをしま...
ゴルフ と 哲学 と 禅 ZEN が リンクするとき... ゴルフは哲学。 いや、ゴルフと哲学なのかもしれない。 やっぱり、ゴルフは哲学なのかも。 どちらにしろ、ゴルフというスポーツは言葉では表現出来ない程に奥が深い。 静止しているボールを打つだけなのに、真っ...
朝茶は七里帰っても飲め おはようございます。 朝茶は七里帰っても飲めという諺があります。七里という距離がどれほどの距離かは判りませんが、遠くに居ても家に戻って朝茶を飲んだほうが良いという意味です。 一里は約3.9キロメートルですから...
雲水の考え方 ゴルフにも雲水の考え方が通用します。 既に似たようなことを取り入れていたスポーツ選手、アスリートも居ます。 ゴルフというスポーツにも雲水の考え、行動の仕方を取り入れることが出来るはずです。   ...
本間ゴルフ Be ZEAL 【 ビジール 】 ▲http://www.honmagolf.co.jp/jp/bezeal/ とうとう、本間ゴルフさんが新しいブランドをスタートさせるようです。その名も「BeZeal(ビジール)」。キャッチは、もう100なんて叩か...
スポンサーリンク